雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

宇宙

アポロ9号とラッセル・シュワイカート

投稿日:

サターンVは無人のアポロ4号打ち上げですでに実験済みだったが、有人宇宙船を大空へ運ぶのは今回が初めてだった。だが合計推力三千四百七十トンという五基のF1エンジンは、二千九百トンを超す巨体をゆっくりと持ち上げ、十二秒かかって発射塔をクリアすると、十二分後には地球軌道に達していた。

瀬戸際を完璧に乗り切ったNASAは、7号が帰還した二カ月後、今度はアポロ8号を月軌道に到達させるという、人類史上初めての試みに挑んだ。一九六八年十二月二十一日、フランク・ボーマン、ジェームズ・ラベル、ウィリアム・アンダースを乗せたアポロ8号は、全長八十四・八メートルの三段式サターンV型ロケットによって打ち上げられ、月へ向かった。

地球軌道から月軌道までの約三十八万キロを、アポロ8号はおよそ三日で飛んだ。そして月面から百キロ上空まで接近した時、地球はちょうどクリスマス・イブを迎えており、アポロ8号がとらえた月面の風景が地球へのクリスマス・プレゼントとして、テレビ映像によって届けられた。

アポロ9号は完成したばかりの月着陸船を抱えて

アポロ9号は完成したばかりの月着陸船を抱えて、地球軌道へ打ち上げられた。飛行士はジェームズ・マクディビット、デイビッド・スコット、ラッセル・シュワイカートの三人である。地球軌道上で、マクディビットとシュワイカートを乗せた月着陸船が司令船から切り離され、単独飛行に移る。

アポロは、司令船(CSM=コマンド・サービス・モジュール)、月着陸船(LM=ルナ・モジュール)、それにサターンV型ロケットの三っの主要部から成り立っている。アポロ8号までの飛行で、CSMとサターンVについては完成されていたが、肝腎の月着陸船の飛行実験はまだ手つかずだった。

両船は別々の軌道を約百六十キロ離れて六時間飛行した後、再びドッキングに成功した。宇宙飛行士たちは月着陸船をスパイダー、と呼んでいた。ずんぐりとした不拾好なこの四本足の蜘蛛は、大気圏外の宇宙空間だけを飛ぶように設計されており、地球の重力や空気力学などはまったく無視されていたのだった。

アポロ9号は、形がクモに似ているので、スパイダーと呼ばれていたが、スパイダーという呼び名以外にも、ガムドロップという名でも呼ばれていたようである。

-宇宙

執筆者:

関連記事

no image

コペルニクスの死後

コペルニクス説はブルーノがはりつけになるほどの衝撃的なことだったわけですけれども、それから一〇〇年もして、ニュートンの力学というときにはほとんどそういう考え方が当たり前になっています。当時の権威なり権 …

no image

重力の根源に宿った力

遠心力とか加速度運動をしているとき、たとえば電車が動き出すときとか止まるとき、前にダダーッとなったり後ろにダダーッとなったりする力。あの力は質量に比例します。重力の根源にあるものは何か「質量があると、 …

no image

ホーキングブームという社会現象は一種「あの世」志向

ニュートン的神が握っている法則を解きあかすという構図は崩れつつある。ホーキングブームという社会現象は一種の「あの世」志向であり、前時代的科学観の遺物であって未来を向いてはいないと私は感じている。物理学 …

no image

チューリングが最初に機械に取り組んだのは第二次世界大戦中

チューリングが最初に機械に取り組んだのは、第二次世界大戦中に、チューリングが従事していた暗号解読の目的のためだった。当時のドイツにはァエニグマ、(「謎」を意味するギリシャ語)と呼ばれる最高度の秘密暗号 …

no image

パイオニア・ヴィーナス2号の打ち上げ以来

八九年五月に金星探査機マゼランが、十月には木星探査機ガリレオが、いずれもスペースシャトル・アトランティスから宇宙空間に放出され、それぞれの目的地に向かって順調に航行し、九〇年四月には直径二・四メートル …