雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

アパレルマーケットが恐ろしいほど均一なものになるのは

投稿日:

デザイナーはみんなテキスタイル・フェアで生地を揃えるんだけど、そこに買い物に行くと、いきなりプリント生地のプースばかりが延々続いている、なんてこともある。すべてテキスタイル市場のせいなの。デザイナーが他のデザイナーの真似をしているわけじゃなくて、みんな、仕入れ場所が一緒だってことなの。突然レザーが出回るのは、工場が大量生産しているから。

そして、レザー業者がレザーで面白いことをするから、とつじょとして誰もがそれに夢中になる。そう、そうしたらプリントものが流行するってことよ。なるほど、アパレル・マーケットが恐ろしいほど均一なものになるわけだ。ニューヨーク・ファッション・ウィークを主催するセブンス・オン・シックススのエグゼクティブ・ディレクター、ファーン・マリスが言う。

トレンドはテキスタイル業界に左右される時がある。たとえば、プラダやグッチ、ダナ・キャラン、カルバン・クラインなどが春物コレクションにこぞって水玉模様を取り入れていたなら、これはとんでもない盗作事件が起こってるんじゃないか、などと評しがる人もいるだろう。だが、実はそんな大層な話ではない。

初対面ではみんなに気に入られるとは限らない

青いモヒカン頭のテイーンエージャーみたいなもので、初対面ではみんなに気に入られるとは限らない。だが、突飛なスタイルに拒絶反応を示してしまう消費者も、露出が度重なるうちに慣れてくるもの。思春期、初めて公衆の面前に姿を現す頃、トレンドは反抗期に入ることが多い。創造的なヴィジョンという何かロマンティックな観念に導かれて、というよりは、豊富な(言い換えれば、安い)テキスタイルに合わせて作品を作っているデザイナーが多い。

プラダのスニーカー、ー靴底から透明ゴムの滑り止めがたくさん飛び出た、つぶれたボウリング・シューズみたいなやつを初めて見た時には、鼻に鍛を寄せ、そんなへンなもん絶対に履くもんか、と思った人が多かった。それが、翌シーズンには、ナイン・ウェストやケネス・コールといった中堅の靴店のほとんどが独自に廉価版を売り出し、当初里離が走ると言って避けていたはずの人々がこのスニーカーに熱狂しているのだった。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

ヴェルサーチのショーを見るために自腹切ってミラノに飛ぶ余裕はない

製品を身に付けて、周囲に見せてもらいたいという思惑なのよ。各企業が雑誌のエディターにティファニーの時計やスパのチケット、ゴディバのチョコレートなんかをプレゼントする例も知ってるけど、どっちかというと、 …

no image

ブレザーとパンツの組み合わせかた

・ブレザーとパンツの組み合わせ方 フランネル(flannel)という生地を知っていますか?想像以上に古い歴史を持つ布地で、むかしはまるで毛布のような生地で、厚く、丈夫な、頼りになる素材だったのでしょう …

no image

GAPってどこにありますか?いつでもどこでも誰にでも

世界のどこの街角でもGAPはGAPである。パリの由緒ある並木通りシャンゼリゼにあるGAPに入るのも、マイアミに新しくできたバカでかいドルフィン・モールのGAPに入るのも同じこと。ホルター・ネック前身頃 …

no image

作品を紹介してもらったデザイナーたち

テレビのことを悪く言うつもりなんかないわよ。おかげで、良くも悪くも、ファッション・ショー体験はより楽しいものになったわ。だって、ファッションのために、ぎりぎりまで可能性を広げるという、驚くべきことをし …

no image

靴の色選びのポイント-そろえるとやりすぎになるのでご注意

赤い靴はじつに多様な色の服と合わせることができるものだ。濃紺、黒、こげ茶、白、なんでも合う。チャコールグレーのスーツに黒いバッグ。このウルトラコンサバスタイルに赤い靴を合わせれば、オフィスから直接夜の …