雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

古典的な安全保障のジレンマ

投稿日:

古典的な安全保障のジレンマは、合理的なアクターの間でも発生する。無政府状態の下で、信頼や合意実現能力が欠如する時、深刻な紛争が引き起こされることがあるのである。だが、カウフマンによれば、多くのエスニック紛争は「一方または双方が協調よりも紛争を望んだから」起こっているのである。

暴力に訴える少数派は、穏健な中間層の存立基盤を破壊し、病的で犯罪的な者たちが混乱の中を跳梁競属する。スチュアート・カウフマン(StuartKaufman)は、シンボル政治の役割を重視する。政治的な野心家や極端な主張をする集団は、より大規模な集団の選好を再構築するために、エスニック・シンボルの感情的な力を利用する。

シエラレオネあるいはリベリアのような破綻国家では、教育にも職業にも恵まれない若者たちが略奪や強奪に経済的な既得権益を見出していた。無政府状態という構造的条件の下で合理的なアクターが直面する問題に加えて、エスニック紛争の初期段階に見られる安全保障のジレンマは、しばしば暴力を望む者による情緒的なシンボル操作から生じるのである。

軍事的介入を承認することで

国連のパネルによれば、「ジェノサイド]やその他の大量殺戦、民族浄化、あるいは人道法の深刻な侵害を、主権の存する政府が無力ないしは防ぐ意志がないと判明した場合、安全保障理事会は、最終手段として軍事的介入を承認することで」この責任を担うことができる。

破綻国家が存在したり大量虐殺のおそれがあったりする場合、外部の者は主権を無視すべきだとする見解もある。2005年に、脅威と挑戦、変化に関する国連のハイレベル・パネルは、「戦争や人権侵害の影響から市民を保護する集団的な責任が国際社会にあるという規範」を確認した。

介入という概念は、それが記述的にも規範的にも使われることもあって、混乱しがちである。現に起こっていることを記述する場合にも使われるし、価値判断をともなって使われることもある。こうして、介入についての議論はしばしば道義問題を含む。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

アメリカの自由と正義を守るために自由が必要である

国際司法裁判所は、一九八六年に米国政府の主張を退けニカラグアの言い分を認めた。世界秩序を守ることで知られている法曹界の権威はこの判決を受け入れず、その根拠として、アメリカが自由を守るために自由が必要で …

no image

裕福で力のある国が暴力をほとんど独占してきた歴史が通用しない

9・11の残虐行為は、ずっと前からわかっていた事実を衝撃的に思い出させる。テロは当然、どこでも恐れられ、実際に耐え難い野蛮への逆行だが、その本質のとらえ方が武器を向ける側と向けられる側でかなり異なるの …

no image

イラク国内の反乱によって権力の座から引きずりおろされた

イラクの場合、見識ある専門家が出した結論には、常に真剣に耳を傾けるだけの充分な根拠があった。つまり、イラクで体制転換を図るために建設的な解決策を提示するとすれば、それは社会を疲弊させ、イラクの中流階級 …

no image

ノリエガはコントラ戦争などの大事業後、悪の範疇へと移された

フセインと同じく、彼の最大の罪はその背後にあったのだが、ノリエガは、コントラ戦争などの大事業で役立たなくなって、悪の範疇へと移された。支配者の中で、フセインに引けを取らぬ恐怖政治を敷いた、チャウシェス …

no image

世界支配の基本的な使命は戦後まもない時期から変わっていない

国家の政策が目指すべきなのは、アメリカの市場進出と政治論文配に対しては開かれ、競合相手の出現や脅威は許さないシステムを世界に築くことであった。結果として、独自の発展に向けた動きは何でも警戒して阻止する …