雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

網戸の穴の補修や洗い方など

投稿日:

網戸に穴があいてしまったら、穴が大きくならないうちに補修をしましょう。

・網戸の洗い方

網戸をレールから外して、洗剤などが多少飛んでも平気な場所を確保します。
汚れは、まず乾いたスポンジや化学ぞうきんなどでふき取ります。次に、住居用の洗剤を薄めてぞうきんにふくませ、こすり付けるようにふきます。汚れが落ちたら、最後にホースの水で洗います。

網戸のがたつき/ドライバーで簡単に直すことができます。網戸を上部の外れ止めて支えているタイプは、外れ止めのネジをゆるめて少し上げるようにします。下に戸車が付いているタイプは、脇にあるネジをゆるめて戸車を少し下げます。網戸の多くはこの一つのどちらかのタイプなので、たいていこれでがたつきを解消することができます。

穴が小さいなら(数mm程度)/ビニールテープを両面から貼るか、ビニール用接着剤て穴を埋めてしまいます。穴がやや大きいようなら、同質同色の網を買ってきて、セロハンテープで位置を合わせて仮止めし、塩ビ用接着剤で固定します。

新しい網を張る

新しい網を張った網戸は見た目も涼し気で気持ちのいいものです。ハエやカといった虫などの侵入を防ぎ、風を通す網戸は、長い間使っていると網がだんだん弱くなり、破れやすくなってきます。小さい穴なら部分補修しますが、ひどいようなら全面張り替えを行います。アルミサッシの網戸の網は周囲を押さえゴムで固定されているだけなので、このゴムを外して古い網を新しいものに取り替え、再び新しい押さえゴムで固定するという手順になります。

網戸ローラーを使えばさほど難しいことはありませんが、網を固定するとき、なるべくたるんだり曲がったりしないように気を付けます。押さえゴムは太さに種類があるため、購入の際、古いゴムの切れ端を見本に持っていくようにします。網戸ローラーがなくても作業はできますが、値段もそう高いものでもなく、効率は格段に変わるので、手に入れておいたほうがよいでしょう。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

車のエンジンルームの点検などをしよう

エンジンルームを見て、主要機械の位置と役割を知っておきましょう。点検などをしましょう。 ・ボンネットを開けて必要最低限の点検 日常的にボンネットを開けて必要最低限の点検ぐらいは自分でしなければなりませ …

no image

壁破れやめくれなどの補修の方法

・壁が破れたとき はがれや破れは、できるだけ早く補修するようにしましょう。取っておいた壁紙の余りを使います。破れよりひと回り大きく切った壁紙を破れた部分に当て、古い壁紙ことカッターて切ります。古い壁紙 …

no image

タイルの目地のカビ取り方法

タイルの目地についたカビを取るには、塩素系カビ取り剤を使います。カビのある場所にスプレーし、1時間ほどおいてからふき取ります。落ちていないようならもう一度。このとき、窓を開けるなど換気をよくしておきま …

no image

究極の整理・整頓は自分の暮らしの基準となるポイントを定めること

究極の整理・整頓は自分の暮らしの基準となるポイントを定めること。 自分の暮らしの基準となるポイントを定めてしまえば、あとは身の回りのあらゆるモノにあてはめるだけ。これこそが、本当の意味での究極の整理・ …

no image

蝶番の補修は埋め木で行うとよい

・蝶番の補修は埋め木で ドアががたつく原因の多くは、ドアを固定している蝶番にあります。毎日何度となく開け閉めするドアは、がたつく、閉まりにくいなどの不調が出やすい部分です。蝶番がゆがんだり鋳びてしまっ …