雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

アメリカはならず者超大国になりつつあり外部からの最大の脅威!?

投稿日:

クリントン時代に、傑出した政治アナリストのサミュエル・ハンチントンはこう述べている。世界の多くの地域にとって、アメリカはならず者超大国になりつつあり、他国の社会に対する外部からの唯一最大の脅威と考えられている。主流派の内部では他にも多くの人が、急進的ナショナリストの冒険主義と激慢さに驚いていた。これらのナショナリストは一九八〇年代を通じて振るっていた権力を再び手にし、以前ほど外部から制約されずに活動している。

ブッシュ政権がアメリカは見直し論者の国家であると宣言し、永続的に世界を支配する意思を明確にしたため、懸念はそれまでにないほど強まった。ロバート・ジャーヴィスは米政治学会の会長だった頃、世界の多くの人々から見れば、今日、最大のならず者国家はむしろアメリカなのだと警告した。各国が連合してならず者超大国への対抗勢力となり、無言の圧力をかけることを期待した。

米国政府の政策は大量破壊兵器の拡散に繋がり

米国政府の政策は大量破壊兵器の拡散に繋がり、武力行使を抑制するための国際機構を米国政府が解体しようとしているために、その傾向は一層加速している、とウォルツは結論する。彼らはアメリカを寄せつけないためには抑止力に頼るしかないと承知していると、ケネス・ウォルツは書いた。そして、大量破壊兵器だけがアメリカを抑止する方法なのだ。主要な外交政策専門家の何人かが、アメリカの帝国的野望のターゲットとなりそうな国は、手をこまぬいて破壊を待ちはしないだろう、と指摘した。

著名な専門家は予防戦争の一般的な戦略は、アメリカによる無制限の力の行使への抑止力として、テロと大量破壊兵器を使う圧倒的な誘因を他国に与え易い、と警告した。スティーブン・ミラーによれば、一つの結果として、他国の人々はアメリカの干渉を抑えるには大量破壊兵器が必要だという結論に達しがちになるという。こうした警告は、ブッシュがイラク攻撃の準備を進める中で繰り返された。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

ハイチの独立は文明人に衝撃を与えた

一八〇四年にフランス支配からのハイチの独立は文明人に衝撃を与えた。彼らは解放のウイルスが自由な人間による最初の自由な国から広まるのを恐れた。率先してこの不届きな国を孤立させることにした。アメリカではそ …

no image

ニカラグアが暴力的な過激派政党の避難所と化したこと

米国政府は一九八〇年代にニカラグアが暴力的な過激派政党の避難所と化したことが忘れられない。二〇〇二年一一月の選挙で、アメリカの攻撃に歯向かう真似をした政党、つまりFSLN(サンディニスタ民族解放戦線) …

no image

人類が生き残れるかどうかがきわめて現実的な問題

マイアーによると、生命の誕生以来、存在した種の総数はおよそ五〇〇億と推定され、その中で一つの種だけが文明の形成に必要な知能を獲得できた。彼の推論は、高度知能と呼ばれるもの、即ち人類という知的生命の適応 …

no image

WFPでは配給制度の査察を何度も何度も実施したが

一九九一年の戦争では、水道と電気及び下水システムが意図的に破壊されたこともあって、恐ろしい損害がもたらされ、米英両国が課した制裁体制はこの国を生存ぎりぎりの状態に追いやった。子供の死亡率は児童福祉の状 …

no image

ソ連の経済発展とデモンストレーション効果

ソ連の経済発展とデモンストレーション効果については、一九六〇年代になってもやはり危惧されていた。だがその頃、ソ連経済は主としてエスカレートする一方の軍備拡張競争のせいで停滞し始めており、ソ連のフルシチ …