雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

アメリカとその顧客国イスラエル

投稿日:

カドゥーリは爆撃まで原子炉で実験作業を担当していた人物で、後に国外へ脱出した。彼もやはりオシラク原子炉はカドゥーリは、イラクが兵器級の原料を必要なだけ確保できるまでに数十年かかると予測した。ただし、爆撃の結果、この製造計画が加速されなければの話だ。プルトニウム製造に向いていなかったと報告したが、一九八一年にイスラエルに爆撃された後、イラクは兵器化に全力を上げる決心をしたと述べた。ウィルソンの結論は、イラクの原子物理学者イマッド・カドゥーリによっても裏付けられた。

アメリカとその顧客国イスラエルと、恐らくその他の特に優遇された国々が、自分たちに都合のいいようにその規範を利用できるようになるだろう。一九八一年の爆撃が実際に大量破壊兵器の拡散を促したのだとしても、その行為の評価に傷がつくことはなく、旧来の国際法の概念に反して武力に訴えた結果について、何ら教訓を与えることもない。そんな概念は、ボスに軽蔑され、戯言にすぎないことが示された今となっては、捨て去らなければならない。

イラクがクウェートに侵攻したおかげで

イスラエルによる攻撃はイラクの後開発阻止どころか、その努力継続への支持を一部のアラブ諸国から取り付ける要因となった。現実はどうあれ、その一〇年後にイラクがクウェートに侵攻したおかげで、一九八一年にイスラエルが作った規範は今や完全に定着した。イスラエルの行動のせいで、アラブ人は核兵器製造の決意を一層固めたと、は結論する。イスラエルのデイモナ原子力施設は、数百の核兵器を製造したと言われていた。

9・11の後、ブッシュ政権はしばしば疑問の余地があるテロとの関係を挙げながら、米国民を含むさまざまな人々を敵の戦闘員とかテロリスト容疑者と宣言し、対テロ戦争が成功に終わったとホワイトハウスが判断するまで、つまり無期限に、その人々を訴状なしに拘束したり、弁護士や家族との面会を禁じたりする権利を主張し実行している。
壮大な戦略はアメリカの国内法にも影響を及ぼす。他の国々でもそうだったように、米国政府は9・11テロの惨劇を利用して国民を統制したといわれる。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

アメリカの外交政策の孤立主義

トルーマンは政策変更を説明するに際して、ギリシャ、トルコへ援助を提供することで地中海東部でのバランス・オブ・パワーを維持する必要性については語らなかった。その代わりに彼は、世界中いたるところで自由を謳 …

no image

アメリカはならず者超大国になりつつあり外部からの最大の脅威!?

クリントン時代に、傑出した政治アナリストのサミュエル・ハンチントンはこう述べている。世界の多くの地域にとって、アメリカはならず者超大国になりつつあり、他国の社会に対する外部からの唯一最大の脅威と考えら …

no image

大統領はデタントという言葉を決して使わなくなった

1975年にポルトガルが植民地であったアンゴラとモザンビークを放棄すると、ソ連はキューバ兵を送り込んで、共産主義志向の政権の維持を援助した。1976年の大統領選挙までに、フォード(GeraldFord …

no image

ソ連がキューバにミサイルを設置し世界の恐怖の均衡を変えようとした

スティーヴンソンの息子は、あの瞬間には、明らかな目的があった。ソ連を封じ込め、平和を維持することだ。核超大国がキューバにミサイルを設置し、世界の恐怖の均衡を変えると脅している証拠を提示していた。スティ …

no image

スターリンはイギリスの外相アンソニー・イーデンに対して

外交政策に関して、ソ連が1939年のヒトラーとの条約によって東ヨーロッパで獲得した利益を維持しつつ、国内で自分の立場を守りたいと、スターリンは欲していた。スターリンはまた、危機のない時に通例うまくいく …