雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

アメリカは自分たちの直接的な侵略に抵抗する人々をテロリストと呼ぶ

投稿日:

9・11が歴史の流れの顕著な転換点とする主張について考えよう。これには疑問の余地がある。とはいえ、あの恐ろしい日に、何か非常に新しい、それまでとは全く異なることが起きたのは間違いない。アメリカは、自分たちの直接的な侵略に抵抗する人々をテロリストと呼びさえする。

南ヴェトナム人がそうだったし、最近ではイラク人がそうだ。アメリカとイスラエルがヒズボラを世界有数のテロ集団と見なすのは、そのテロ行為(事実である)ゆえではなく、イスラエルによるレバノン南部占領に抵抗するために結成された組織だからであり、国連安保理の撤退命令を二〇年にわたって公然と無視し続けた侵略者を追い払うことに成功したからだった。

テロに対するアメリカの公式定義は不明確であり、アメリカ及びイスラエルと世界各国との間で見解が著しく異なっているにもかかわらず、それは現下の目的に充分適うように見える。レーガンが悪しきテロの災褐と呼んだものについて国連が強く非難したことと、いつもの二カ国の反対票によるその結末について、一般の人々は何も知らない。歴史を記した記録文書や、顧みられていない評論などを調べなければならない。

禁じられた領域に入っていかなければならない

そうしたこと知るためには、禁じられた領域に入っていかなければならない。史上初めて、裕福かつ強力な国家への攻撃が、そうした国家の伝統的な勢力圏では遺感ながら決して珍しくない規模で、成し遂げられた。標的はキューバでもニカラグアでもレバノンでもチェチェンでも、その他の国際テロの伝統的な犠牲者でもなく、未来を決定する絶大な力をもつ国家だった。

西洋の特権階級に属さない論評者たちは、9・11の残虐行為に対して、人道に反する犯罪への恐怖と犠牲者への同情の念を表すと共に、こちらも同じ状況だという反応をしばしば示した。一九六〇年代初め、あるいは建国当時からこの地域を襲った暴力と抑圧という不幸を、ラテンアメリカの人々はなかなか忘れられない。とりわけラテンアメリカではそれが顕著だった。そうした不幸の一因は、ケネディ政権が一九六二年に下した決断にあると言える。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

フランクリン・ルーズヴェルトは第一次世界大戦の過ちを避けたいと願っていた

戦時下の大半にアメリカの国務長官を務めたコーデル・ハル(CordellHull)は、熱心なウィルソン主義者であり、アメリカ世論も国際連合を強く支持していた。この大構想を推進するために、ローズヴェルトは …

no image

駐英イスラエル大使暗殺未遂事件に飛びついた

一九八二年のレバノン侵攻とその直接の結果として二万人ほどの死者が出た。我々に責任がある犯罪は調査する必要がないから、まして処罰や賠償の対象にはならないという理由からであるが、この話題は欧米社会ではほと …

no image

イラク国内の反乱によって権力の座から引きずりおろされた

イラクの場合、見識ある専門家が出した結論には、常に真剣に耳を傾けるだけの充分な根拠があった。つまり、イラクで体制転換を図るために建設的な解決策を提示するとすれば、それは社会を疲弊させ、イラクの中流階級 …

no image

米国政府は自国の優位を維持するためにあらゆる手を尽くす

米国政府は自国の優位を維持するためにあらゆる手を尽くすという意思を明らかにし、イラク問題に関しては国連安全保障理事会を無視すると発表して、軍事力の行使を管理する国連憲章にもはや拘束されるつもりはないと …

no image

植民地化の必要性が一九世紀と同程度に高まっている

文明国の使命を明記する上で、現在よく使われる一つの公式は、植民地化の必要性が一九世紀と同程度に高まっており、ボストモダン社会が掲げてきた秩序と自由と正義の原則を世界の他の地域に普及させなければならない …