雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

アメリカの対テロ戦争は新たなテロリストの避難所を創り出しただけ

投稿日:

フィナンシャル・タイムズ紙の編集者は、ジッダにおけるテロリストの残虐行為について予期できなくはなかったとコメントしたが、それは正しい。社会政治的に微妙な問題は、爆撃やミサイル攻撃では解消できないと、二人の政治学者は指摘する。テロリストの支持基盤に対しては全く別の手段をとらねばならない。アメリカは爆弾を落としミサイルを発射することで、こうした難問をばらまいているだけだ。不満を考慮すると共に、それが合法組織であれば誠実に扱い、脅威を与えないようにせねばならない。

爆撃するほど広がるのである。三月にアメリカがイラクに侵攻したため、アルカイダのネットワークが新兵募集を急増させ、過激な原理主義が世界中で勢いを増すのは、予期しなかったことではない、とアメリカの高官は語った。主な情報機関やアナリストの間では、イラク侵略がテロを促すだろうと予測されていた。暴力はウイルスに喩えられる。一般的に言えば、オサマ・ビンラディンに唆されたネットワークが、イラク戦争の混乱に乗じて西洋を標的とした攻撃を再開し、ジハードへの支持を集めることはずっと前からわかっていた。

新たなテロリストの避難所を創り出した

実のころ、対テロ戦争は新たなテロリストの避難所を創り出したのだ。イラクという避難所を。ヨーロッパのある同盟国の情報機関の報告は、イラク侵攻がアルカイダの動員力に甚大な影響があると警告した。国連の報告書では、アルカイダの新兵募集は、アメリカがイラク侵攻を準備し始めると三〇から四〇ヵ国で加速した。イラクにおける紛争が過激派集団の新兵募集を増加させるのは、米国政府高官が認めるほど明白で対テロ戦争の大きな失敗と、アルカイダとテロリズムに詳しい論評者は書いた。

テロリストのネットワークそのものについては、学者はほぼ一致して、CIAとその関連機関により組織された頃からの行動と合致する彼らの言葉をそのまま受け止めている。それによれば、CIAと彼らの目標は、イスラムの土地から不信仰者を追い出し、不信仰者に押し付けられ維持される堕落した残忍な政府を転覆させ、イスラム過激派による政府を作ることであるという。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

米軍機がリビアを空爆し何十人もの一般市民を殺害した

空爆はテレビのゴールデンアワー、それも全ての主要トワーノがまさしく夜のニュースを開始する時間に予定された史上初のテロ攻撃だった。シュルツ国務長官はその職務を全うしながら、テロリズムは一般の市民に対する …

no image

世界支配の基本的な使命は戦後まもない時期から変わっていない

国家の政策が目指すべきなのは、アメリカの市場進出と政治論文配に対しては開かれ、競合相手の出現や脅威は許さないシステムを世界に築くことであった。結果として、独自の発展に向けた動きは何でも警戒して阻止する …

no image

ソ連がキューバにミサイルを設置し世界の恐怖の均衡を変えようとした

スティーヴンソンの息子は、あの瞬間には、明らかな目的があった。ソ連を封じ込め、平和を維持することだ。核超大国がキューバにミサイルを設置し、世界の恐怖の均衡を変えると脅している証拠を提示していた。スティ …

no image

ニカラグア人の希望は超大国の介入によって打ち砕かれた

ナチス・ドイツや南アフリカやソ連、更には米国防総省によって、幅広く模倣された。自国民に対する支配的な態度を率直に説明したもので、国内の敵はしばしば徹底的なプロパガンダによって統制しなければならないが、 …

no image

不適切な機関が国家支援の国際テロに絡む時消去されず賞賛される

不適切な機関が国家支援の国際テロに絡む時は、テロリストの残虐行為が完全に消去されずに、むしろ賞賛されることがある。それがよくわかる例は、エルサルヴァドルにかわって米軍事援助及び訓練の最大受入国になった …