雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

アメリカは今後も主に大西洋の資源、西半球と西アフリカに頼り続ける

投稿日:

米情報機関の予測では、アメリカは今後も主に大西洋の資源、西半球と西アフリカに頼り続けると考えられている。アメリカへの最大石油輸出国はべネズエラになった。戦後の時代を通じてそうであったように、中東地域を支配し続ける必要性がなくなったわけではない。この富は米英両国経済に、軍事関連のハードウェア(つまりハイテク産業全般)、建設事業、公債などのさまざまな形で還元される。

湾岸地域の巨大な資源を支配すれば、その莫大な利益は主に米英のエネルギー企業が享受し続けられる。こうした全ては、戦後世界を計画した人々には明らかに理解されていて、今でもその有効離は持続している。この地域の驚くべき戦略パワーと考えられているものは、世界支配のためのテコになる。太平洋からアゾレス諸島まで広がる世界的な米軍事基地機構は、そのかなりの部分が湾岸地域での作戦行動のために計画されたものだ。米情報機関は湾岸のエネルギー資源は、今後ますます重要になると予測する。

支配を維持しようとする傾向も強まる

そうなれば、アメリカ自体がそれらの資源に大きく依存するかどうかとは別に、その支配を維持しようとする傾向も強まるだろう。カーター時代から、アメリカの軍事介入の主力部隊はペルシャ湾に狙いを定めていた。ところが最近まで、全面的に信頼できる軍事基地は英領ディエゴ・ガルシア島しかなかった。一九四〇年代にギリシャとイタリアでアメリカが展開した対ゲリラ戦と政権打倒の動きは、ある意味では中東石油の西側への自由な流入に対する懸念から生じたものだった。

基地機構は旧ソ連の衛星国、ブルガリアとルーマニアにも拡大されている。この問題は沖縄のケースとよく似ており、米国内では知られていない。アフガン戦争の後、アメリカはアフガニスタンと中央アジアに軍事基地を獲得した。島の住民は強制退陸させられ、アメリカは今でも英国裁判所の判決を無視して島民が帰還する権利を否定している。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

アメリカに同意させようとする努力は裏目に出た

フルシチョフの対米交渉スタイルと努力は、1914年以前にイギリスに交渉を強いようとしたカイザーのスタイルと似ており、萩崎に満ちていた。アメリカに同意させようとする努力は裏目に出た。 フルシチョフは、ア …

no image

根底にイスラム恐怖症と反アラブ民族主義と超ナショナリズム

インドの政治アナリスト、プラフル・ビドワイはこう書いた。与党のヒンドウー・ナショナリストがシオニズムに歩み寄ったのは、根底にイスラム恐怖症(と反アラブ民族主義)と超ナショナリズムがあるからだ。一九九八 …

no image

西側世論がNATOの介入を支持するように仕向けること

国連は難民登録を始めた。こうした基本的な事実は、一九九九年三月にミロシェヴィッチが起訴された時にはよく知られていた。西側の富裕国の記録資料は三月二四日の空爆が始まるまで重大な変化を何一つ記していず、あ …

no image

ムッソリーニとファシズムかジオリッティと社会主義か

ムッソリーニとファシズムか、ジオリッティと社会主義か。イタリアは明白な選択を迫られている、と彼は国務省宛に書いた。ジオリッテイはイタリアのリべラリズムの指導的人物だった。ファシズムへの支持は直ちに表明 …

no image

冷戦期には死よりも共産主義の方がましだと答える者がいた

冷戦期には、「死よりも赤[共産主義]の方がましだ」と答える者がいた。しかし、これは問題の立て方が間違っている。このような問題設定より、大災害につながるような低確率の危険を冒すことは正当化できるのか、と …