雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

アメリカの政治的リーダーシップを警戒するヨーロッパ人

投稿日:

キューバのミサイル危機から、ヨーロッパ人がアメリカの政治的リーダーシップを警戒する理由が幾つか見えてくる。ケネディのエクスコムは北米だけでなく西欧も核で破壊しかねない決断を下すにあたって、同盟国との相談という考えをあっさり退けたと、フランク・コステイグリオーラはこの問題に関する数少ない研究論文に書いた。当時、事実が知られれば妥当な取引と見なされかねない選択肢を、ケネディ大統領と補佐官たちが拒否しようと決断する間、ヨーロッパの運命はどっちつかずの状態にあった。

ヨーロッパは事実を知らされないまま、屈辱的な扱いを受けた。急進的な右翼ナショナリストではなく、政治勢力の中ではリベラルで多国間主義の人々に対する懸念。同盟国は一緒に来るか、取り残されるしかない。他の強国に拒否権を発動させるわけにはいかないのだ。四〇年後に再びブッシュとパウエルのロから聞かされることになった言葉だ。ケネデイは国務長官に密かにこう伝えた。

自分にはそれを止める手段は全くないと語った

同盟国のうちでケネディと特に親しい間柄だったハロルド・マクミラン英首相は側近に、ケネディの行動は戦争へとエスカレートしているが、自分にはそれを止める手段は全くないと語った。アメリカのNATO軍司令官はヨーロッパには相談もせず、空軍に警戒態勢をとらせた。マクミランにわかっていたのは、イギリスの情報機関からもたらされる情報だけだったのだ。

マクジョージ・バンディは、ヨーロッパ諸国の尻を叩いて参画しているという意識を、事情に通じているという意識をもたせるよう努力すべきだと提案したが、それはただ彼らを黙らせておくためだった。米英の特別な関係という米国政府の認識は、危機の最中に開かれた内輪の討議で、ケネディの上級補佐官が明確に示し、イギリスは我々の副官として行動するだろう、と述べた。ヨーロッパ人には、アメリカの意思決定者のような理性的かつ論理的なアプローチは通じない、と彼の側近のロパート・コマーは忠告した。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

核兵器は重大な政治的影響をもたらした

核兵器の持つ巨大な破壊力は、軍事的な手段と国家が追求する事実上すべての政治的目的の間に不均衡をもたらした。この目的と手段の範離は、ほとんどの状況で究極の兵器の使用に麻痺状態を生み出した。 19世紀プロ …

no image

フランスがアルジェリアで文明化活動を実行してミルの賛同を得ていた頃

ミルほど著名で尊敬に値する知識人は他になかなか思いつかないが、恐ろしい犯罪に対する弁護の例として、これ以上に恥ずべき文章も考えられない。ミルのエッセイが書かれたのは、イギリスが帝国主義時代における最大 …

no image

コロンビアの内戦は極端な貧困と暴力が豪延する悲惨な歴史に深い原因

コロンビアで最も有力な人権団体は強制移住させられた住民の数を二七〇万人と見積もっており、それが毎日一〇〇〇人ずつ増えているとする。その推計によると、二〇〇二年には一月から九月までの間に三五万人以上が暴 …

no image

ゴルバチョフが権力の座に就いた時

1985年にゴルバチョフが権力の座に就いた時、アメリカには3000万台のパーソナルコンピューターがあったが、ソ連には5万台しかなかった。4年後。アメリカでは4000万台であったのに対し、ソ連は40万台 …

no image

なぜスターリンは北朝鮮に韓国侵攻を許したのか?

なぜスターリンは北朝鮮に韓国侵攻を許したのか?、フルシチョフは回顧録の中で、次のように説明している。北朝鮮の指導者、釜官蔵は朝鮮半島統一の機会をスターリンに求めた。韓国は防衛線の外にある、とアメリカは …