雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

アメリカ大陸のための経済的ナショナリズムを排除

投稿日:

アメリカはアメリカ大陸のための経済的ナショナリズムを排除しようと意図があった。最初の受益者はアメリカの投資家でなければならず、中南米諸国はそれに奉仕する役目を果たすべきだ。ラテンアメリカ人は、国内資源の開発の恩恵を最初に受けるのは、その国民であるべきだと確信している。だが、それは容認できないことだった。

冷戦の最中ですら、共産主義による第一の脅威は共産圏諸国の経済的変貌であることを、編察力ある識者は理解していた事実を思い起こすべきだろう。経済的ナショナリズムは米国経済の重要な要素のままだった。米国経済はしばしば防衛という隠れ葉をかぶり、強力な国営部門にこれまで以上に依存するようになっていたのである。

ファシスト国家との関係の分析的な枠組みは、まさに想起する価値のあることだ。ただ単に、その枠組みが今日までこれほど一貫して再現されているからにせよ、またそれゆえに世界に関して実に多くのことを教えてくれるからにせよ、一考する価値がある。

両大戦間の時期に展開し採用した

アメリカの政策立案者たちが両大戦間の時期に展開し採用した、ヨーロッパ・ファシズムの右翼独裁政権との関係に対する分析的な枠組みが、戦後もずっと継続したのか説明がつく、と歴史家のデーヴィッド・シュミッッは書いている。ファシスト流の極端なナショナリズムは、西洋経済が広範に浸透することを認めていた上、頭痛の種である労働運動と左翼及びこうした人々を活動させる民主主義の行き過ぎを弾圧した。ムッソリーニに対しては、溢れんばかりの支持が表明された。

大戦間の時代におけるファシズムの興隆は心配の種になったが、米英両政府と産業界及び多くのエリートの見解では、一般にむしろ好意的に見られていた。世界は強国とジェームズ・マディソンの言葉を借りれば、彼らの手先と圧制者である民間機関によって少なからず形作られてきている。マディソンが主たる立案者であった民主主義の実験の行く末を案じて述べた言葉である。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

中東で生じたアラブ独立を促すナショナリズムの脅威

中東で生じたアラブ独立を促すナショナリズムの脅威は一九六七年の戦争までに克服された。北アフリカの危機は、アルジュリア独立と共に終結した。インドネシアの危機は、小作農を大量虐殺して解決された。ニューヨー …

no image

モンロー主義の意味をすでに理解していたビスマルク

危惧の念を表明した時、ロシア皇帝とメッテルニヒが言及していたのは、新世界における共和主義と反乱の使徒によって広められた民衆自治という有害な政策に関してだった。邪悪な政策と有害な実例の洪水に悩まされた人 …

no image

民主的な統治に対する最大の障害

米州機構事務局長はネオリべラルのグローバリゼーションを強力に推進する人物だが、年次総会の冒頭で、資本の自由な移動というグローバリゼーションの最も望ましくない特徴。その懸念は、アダム・スミスまで遡るもの …

no image

東ティモール-新たな人道的介入の規範と共に啓蒙の時代を象徴

東ティモールは、新たな人道的介入の規範と共に、啓蒙の時代を象徴するきわめて重要な事例として祭り上げられた。だが、実際には介入は行われず、いわんや人道的介入は実施されなかった。一連の仮想事件を考案し、そ …

no image

パウエル国務長官は政権内の中道派と見られていたが

パウエル国務長官は、政権内の中道派と見られていたが、一九八〇年代の中米でテロと残虐行為が最終段階に入って、外交が軽視されていた頃、国家安全保障問題担当補佐官を務め、また南アフリカではアパルトへイト体制 …