雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

アメリカからイスラエルへの援助金は達成度を条件とするようになる

投稿日:

アメリカからイスラエルへの巨額の援助金は初めて、イスラエル側の達成度を条件とするようになった。とはいえ、それはロードマップの条件履行に関してではなく、公共郡門の仕事と賃金を削減し減税する経済計画における成果である。これはイスラエルの産業界に駐っては歓迎できる理論だが、たちまち七〇万人の労働者がストライキを起こす結果に繋がった。こうした措置は経済のロードマップと呼ばれていた。

障壁を正当化する上で示された根拠は治安の維持だ。パレスチナ人のためではなく、イスラエル人にとっての治安である。かなり具体的に示されたのは、現場での既成事実を作る行動であり、その一方で従来通りに空念仏は続けられた。中でも特筆すべきは、西岸の一部をイスラエルに組み入れる分離壁の建設だ。土地交換の提案にはイスラエル国内のパレスチナ人の土地は含まれないだろうし、それによってパレスチナ人よりもむしろイスラエル人の生活が混乱するので、考慮には値しないのである。

安全保障に大いに役立っているのは

安全保障に大いに役立っているのは、イスラエル側に数キロ入った所に設けられた壁であり、その両側をくまなく監視するイスラエル国防軍だ。土地を交換した後で障壁を設けても、同じ程度に治安は維持できるだろう。世界銀行が後援する報告書は、分離壁はイスラエル側におよそ一〇万人のパレスチナ人を取り残し、それと同時に西岸で最も肥決な農地の一部も含むことになると結論している。

西岸の町カルキリヤは既に周囲をほぼ壁で囲まれ、まわりの土地から遮断され、給水量も三〇%減らされ、いずれは一そ二三万二〇〇〇人が影響を受けたと見積もり、更に壁の東側に住む一四万人も、実際にはその曲がりくねった道筋の内側に囲まれている。分離壁は、西岸で暮らすのに不可欠な帯水層のかなりの部分をイスラエルの支配下に置くことになる。この壁が完成すれば、二五万人から三〇万人ものパレスチナ人が孤立し、一方、西岸の一〇%がイスラエルに併合されることになるといわれていた。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

トルコから老朽化したミサイルを撤去するというアメリカの暗黙の約束

長い間、当事者たちは解決策の取引面についてあまり多くを語らなかったが、後の証拠が示すように、トルコから老朽化したミサイルを撤去するというアメリカの暗黙の約束が、当時考えられていたよりもおそらくより重要 …

no image

西側世論がNATOの介入を支持するように仕向けること

国連は難民登録を始めた。こうした基本的な事実は、一九九九年三月にミロシェヴィッチが起訴された時にはよく知られていた。西側の富裕国の記録資料は三月二四日の空爆が始まるまで重大な変化を何一つ記していず、あ …

no image

サダムフセインをアメリカがさまざまな形で援助してきた

圧制者は一九九一年の暴動を鎮圧することを許可された。一九九〇年八月にフセインが非協力的になってからは、政策とロ実は変わったが、ある要素だけは変わらず持続した。レーガンーブッシュ一世の時代(実際にはそれ …

no image

相互依存と国際関係

相互依存は、フランスの法的な主権を制約しなかったが、事実上の支配は確実に制約した。フランスはあまりに深く経済的に相互依存していたため、完全に自律的な経済政策は持ちえなかった。同様に、1997年のアジア …

no image

目的と手段に関する2つの曖昧さをめぐって

ユーゴスラヴィアは、ヨシフ・チトーJosifTito)の共産党による全体主義的支配の下にあった。1948年に、ギリシャ共産党支持の問題を含めて、ユーゴスラヴィアの外交政策を統制しようとするスターリンと …