雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

アメリカがイラク攻撃の意図を明らかにした時

投稿日:

二〇〇二年一〇月に、ある事実が、もはや無視できないほど明白になりつつあった。世界各国の懸念は、その後数カ月で更に高まった。この超大国がイラク攻撃の意図を明らかにした。世界各国はサダム・フセインの脅威以上に、アメリカが権力をほしいままにしていることを憂慮し、独裁者の武器を取り上げるのと同じくらい、この超大国の権力をも制限しようとしていた。

アメリカは国連査察を仕方なく容認してきたが、それによって侵攻の口実となる兵器が見つからなくても、あくまで攻撃するというのである。世界各地で大規模な反対運動が展開されると、マスョミはこう報道した。アメリカ合衆国と世界世論である(ここでのアメリカ治業国は国家権力を意味し、アメリカの一般大衆でもなければエリートの見解ですらなかった)。地球上には、今なお二つの超大国が存在するのかもしれない。一二月になると、国際的な世論調査の結果、米国政府の戦争計画への支持率は、国外ではほぼ軒並み一〇%未満になった。

深刻きわまりないものであるに違いない

こうした展開は、子孫に残す世界を案ずる人々にとって、深刻きわまりないものであるに違いない。支配的なイデオロギーの枠組みやそれを具体化した制度の中では、厄介なことに、彼らの決定は必ずしも不合理とは言えないかもしれない。ブッシュ政権の政策担当者は、伝統的なアメリカの政策からすれば非常に極端な立場をとるが、彼らの構想やドクトリンは、米国史上でも、かつて世界大国を目指した国の間でも、多くの前例が見られるものだ。

彼らは、基本的人権も人間としての要求も無視し、民主主義への軽蔑の念、これに類する事例はなかなか思いつかない、を示しながら、人権と民主主義に対する心からの献身を表明した。二〇〇三年の初めには、さまざまな調査で判明した通り、アメリカに対する懸念が世界各地で驚異的なレベルにまで高まり、それと共に政治指導者への不信感も募った。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

アメリカの政策のイデオロギー的根拠と根本的な前提

分析的な枠組みは今日も存続し、多大な苦しみと荒廃をもたらしている。その間ずっと、政策立案者たちは民主主義と自由を擁護する公式の姿勢と、アラン・トネルソンの言う、常に求めていたものを手に入れるために、ア …

no image

特権をもつ強大国の際限なしの復讐

一六〇年ほど前、占領下のインドで起こった反乱で、イギリス人が殺害された事件(帝国用語で言うインド大反乱)では、イギリスは残虐非道な対応をした。特権をもつ強大な国が、これまで犠牲者に日常的に与えてきたよ …

no image

アメリカ大陸のための経済的ナショナリズムを排除

アメリカはアメリカ大陸のための経済的ナショナリズムを排除しようと意図があった。最初の受益者はアメリカの投資家でなければならず、中南米諸国はそれに奉仕する役目を果たすべきだ。ラテンアメリカ人は、国内資源 …

no image

核兵器は重大な政治的影響をもたらした

核兵器の持つ巨大な破壊力は、軍事的な手段と国家が追求する事実上すべての政治的目的の間に不均衡をもたらした。この目的と手段の範離は、ほとんどの状況で究極の兵器の使用に麻痺状態を生み出した。 19世紀プロ …

no image

人類が生き残れるかどうかがきわめて現実的な問題

マイアーによると、生命の誕生以来、存在した種の総数はおよそ五〇〇億と推定され、その中で一つの種だけが文明の形成に必要な知能を獲得できた。彼の推論は、高度知能と呼ばれるもの、即ち人類という知的生命の適応 …