雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

アメリカ一極支配と見なすものを世界各国が恐れている

投稿日:

世界ではますます多くの人々が、ブッシュ大統領の方がイラクのサダム・フセインよりも世界平和にとって大きな脅威だと考えていた。世界各地のアメリカ大使館からのメッセージは、緊急かつ憂慮すべきものになったと、ワシントン・ボスト紙はトップニュースで報じた。世界には我々の国力に対する現実的な不安があり、ブッシュ政権の政策の露骨さ、激慢さ、一極支配と彼らが見なすものを世界各国が恐れている。

論議されていたのは、イラク問題ではないという、ある国務省官僚の言葉も引用された。イラクとの戦争は、たとえ成功したにせよ、イラク問題を解決してもアメリカの問題は解決してくれない。世界中の人々が何よりも心配しているのは、一国によってつまり、アメリカ合衆国によってー左右され支配され暮らすことなのだ。見出しにはこう書かれた。前方に危険?世界はブッシュ大統領を脅威と見なす。

アメリカと新しい世界でアメリカが果たす役割

その三週間後、ニューズウィーク誌の外交問題編集主任によるカバーストーリーは、やはり世界の議論の対象はフセインではないと警告した。アメリカと、新しい世界でアメリカが果たす役割について。彼らは我々に対しきわめて懐疑的になり、恐れを抱いている9・11の後、世界各国がアメリカに溢れんばかりの同情と連帯感を示していた頃、ジョージ・ブッシュはこう尋ねた。彼らはなぜ我々を憎むのか?そして、あなた方がしてきたことのせいだ。

それを続けるなら、恐怖と憎しみが、その名をあなたが汚した国にも及ぶだろう。一年もたたないうちに、ブッシュ政権はその答を出すことになった。それはミスター・ブッシュ、あなたとその仲間がいるからだ。その疑問は聞き方を間違えており、正しい疑問がロにされることはまずなかった。これには否定しがたい証拠がある。オサマ・ビンラデインにとって、これは恐らく当人が夢想だにしなかったほどの勝利だろう、という意見があったようである。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

プロパガンダキャンペーンは中間選挙で共和党に過半数もたらす効果

国民の九〇%近くは、サダム・フセイン政権がアメリカに対する新たな攻撃を計画中のテロリストを支援していると信じた。海外では、広報外交は大失敗と国際報道機関が伝えたが、国内ではイラク戦争と九月一一日のトラ …

no image

生物兵器や化学兵器をフセインが使用してしまう可能性

国際的な軍事情報を扱う主要雑誌と同盟国の情報機関も同じ結論に達しており、アメリカが攻撃すれば反米及び反西洋感情を世界中に広めることになり、イラクを攻撃することはイスラム教徒のテロを減少させるよりも、か …

no image

テロリズムの公式定義は対抗テロの定義とほぼ同じ

テロリズムの公式定義は対抗テロ(低強度紛争または対ゲリラ戦と呼ばれることもある)の定義とほぼ同じだ。アメリカの公式定義は、一九八一年にレーガン政権が発足し、テロとの戦いを外交政策の最重要項目と宣言して …

no image

厳密な非介入の原則の例外

厳密な[非介入の]原則の例外は、1967年のイスラエルの攻撃に見られるような、予防的先制介入である。国家の領土的一体性と政治的主権に対する明白にして十分な脅威が存在すれば、国家はただちに行動しなければ …

no image

イスラム共和国を支持する可能性があることが示さた

彼らはイラクに対するアメリカの覇権に強く反対した。アメリカが支持する野党の指導的人物もすぐに、戦後のイラクでは国連が主要な役割を演じるべきだと要求し、アメリカが国の再建やフセイン後の政府を支配すること …