雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

アメリカ的医学である研究至上主義は利益追求をするためのものか?

投稿日:2014年11月21日 更新日:

海外である程度研究が進んだ段階で、国内最初という研究がもてはやされているのは、いまも変わってはいないという。それで満足する、あるいは問題と感じていても何もいわずに、教授にいわれたままに研究を続ける医局員が多いようだ。患者のためという名目で、結局は自分の医学的な好奇心を満たすものであったり、自分の立場を維持するためだけの研究であったりはしていないだろうか。研究至上主義はアメリカ的医学でもあり、日本が明治時代から行なってきた、官立大学医学部主導型の医学の結果でもある。

患者を救おうとか、病気を治そうという意識より、自分の研究実績を作るために研究をいまだ続ける場合が多いのだ。研究の結果が出たとしても、何も臨床には影響しないという。私立大学にしろ、自治体からの補助金、科研費など公の金がかなり使われているらしい。

前例のない研究には理解がないのがふつうのようだし、同じように前例のない研究には研究費は出にくい状況であるようだ。やはり、問題は大学病院のなかのシステム、それを管理するシステムにあるのではないだろうか。研究を評価するはずの主任教授も、少しでも学会の流れに沿わない、

利益追求をするためのものではなかったが

医療は本来、利益追求をするためのものではなかったにもかかわらず、医療保険会社が儲かり、医療現場での手抜きが起きているという。マネージド・ケアのために、保険会社が自分の契約した病院以外での治療を拒否し、患者の治療が遅れ、硬膜外脳腫瘍の患者が四肢麻痺になったなどの事件が起きている。経営効率の追求が、医者の裁量権や患者が自由に医療を選べる権利を困難にし、さまざまな問題を作り出したといえる。

もらった研究費は消費しなくてはいけないために、高額な研究機材を購入し、そのままになってしまうことも多いという。アメリカ型の医療制度を追求していくと、あくまでも医療費を削減するためであったものが、そこに参加している医療保険会社に巨額の収益を上げさせることになる。

これを見ると、日本がアメリカ的な医療へ傾くことは、むしろ危険なことだと考えねばならない。日本でも懸命に研究に入り込み、時間を惜しんで医療を行なう医者の数は多い。しかし、その努力がいったい何のためか考える必要がある。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

インフルエンザウイルスの新型と季節性について

インフルエンザは多々ある年で10人にー人が必要になる、国民的な感染症でもあります。 発症すると38度以上の発熱、頭痛、せき、鼻汁、筋肉・関節痛などの症状が現れます。 その真の怖さは強力な伝染力にありま …

no image

インフルエンザワクチンの仕組みや製造の難しさ

今のインフルエンザに対するワクチンは、人から分離されたインフルエンザウイルスのうち、次のシーズンに流行しそうなインフルエンザの株をあらかじめ予測して、その予測に基づいて発育鶏卵で作られるようになってい …

no image

研修の質が悪いだけでなく教授たちがいばっているという側面

研修の質が悪いだけでなく教授たちがいばっているという側面。 大学病院の場合、研修の質が悪いだけでなく、教授たちがいばっているという側面がある、と語るある専門家。田舎にあるから人が集まらないというのなら …

no image

医療従事者が仕事を変えたい場合に利用したいサービス

医療従事者の先生方の中には、今の職場に満足をしていない方もいらっしゃいます。そして、辞めて別の病院に転職をしたいと考えておられる方も多いです。しかし、今の職場を辞めたいと思っても、実際に行動に移せる先 …

no image

食べるほうが辛い食事制限

彼は手術の必要もなく3日後には退院の予定なのに、その顔色はふつうではない。どうしたことかと看護婦がたずねるとKさん、今にも泣きだしそうな声で、病室を変えてくださいと、訴えはじめた。夕食後まもない内科病 …