雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

アメリカの政策のイデオロギー的根拠と根本的な前提

投稿日:

分析的な枠組みは今日も存続し、多大な苦しみと荒廃をもたらしている。その間ずっと、政策立案者たちは民主主義と自由を擁護する公式の姿勢と、アラン・トネルソンの言う、常に求めていたものを手に入れるために、アメリカはたびたび恐ろしいことをする必要があるかもしれないという動かしがたい事実に、どう折り合いをっけるかという苦しい問題に直面してきた。

冷戦によって新たなアプローチと戦術必要になったが、それ以外は両大戦間の時代における優先事項に変わりはなかった。アメリカの政策のイデオロギー的根拠と根本的な前提は、驚くほど一貫している。一九四三年までに、アメリカとイギリスは世界各地でファシズムに対する抵抗運動を解散させ、伝統的な秩序らしいものを復興させる取り組みに着手しており、その動きは戦後更に勢いを増した。アメリカは参戦した後も、曖昧な態度に終始していた。

ランシング国務長官はウイルソン大統領に、ボリシェビキ病が伝播する可能性について助言し、世界各地の社会不安の経過を見る限り、まさに現実的な危険だと述べた。ウィルソンはとりわけ海外から帰還したアメリカの黒人兵が、戦後ドイツで兵士や労働者の評議会が発足している実例を見て、悪しき影響を受けるのではないかと憂慮した。

ニューナショナリズムの哲学以上に不吉な予感

ニューナショナリズムの哲学以上に不吉な予感を与えるものは、それが征服によってではなく、手本を示すことで他国に感染するウイルスになる危険だった。アメリカが求めていたのは、米国企業が可能な限り自由に、またしばしばできるだけ独占状態で活動できるようにする経済政策で、その目的はアメリカが支配する統合された資本主義の世界経済を創造することだった。

それらは西洋諸国にとっても、レーニンやトロッキーにとっても耐え難い形態の民主主義に繋がるものだった。同様の懸念は、イギリスのロイド・ジョージの政府によっても表明された。資本主義に対する敵意がイギリスの労働者の間で広まっていることが判明したのである。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

クウェートの石油生産と投資からの利益に大きく依存していたイギリス

ナセルは非同盟運動を支えた人物であり、彼の影響力は他国にも及び、独立の機運を促すのではないかと恐れられた。中東では悪漢はナセルであり、狼狙した米英の指導者からは新しいヒトラーと呼ばれていた。こうした不 …

no image

アメリカに同意させようとする努力は裏目に出た

フルシチョフの対米交渉スタイルと努力は、1914年以前にイギリスに交渉を強いようとしたカイザーのスタイルと似ており、萩崎に満ちていた。アメリカに同意させようとする努力は裏目に出た。 フルシチョフは、ア …

no image

有権者は争点ではなく個人的な資質に目を向けさせられた

有権者は争点ではなく、個人的な資質に目を向けさせられた。一般大衆がエリートと見解を異にする問題は、一般に議題から外されていた。有権者の間では、といっても富裕層に大きく偏っているが、自分たちの階級の利益 …

no image

アメリカはならず者超大国になりつつあり外部からの最大の脅威!?

クリントン時代に、傑出した政治アナリストのサミュエル・ハンチントンはこう述べている。世界の多くの地域にとって、アメリカはならず者超大国になりつつあり、他国の社会に対する外部からの唯一最大の脅威と考えら …

no image

ハイチの独立は文明人に衝撃を与えた

一八〇四年にフランス支配からのハイチの独立は文明人に衝撃を与えた。彼らは解放のウイルスが自由な人間による最初の自由な国から広まるのを恐れた。率先してこの不届きな国を孤立させることにした。アメリカではそ …