雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

アメリカの覇権はいつまでも永久に不滅

投稿日:

サダム・フセインをアメリカへのさし迫った脅威とするプロパガンダ・キャンペーンが始まり、フセインは9・11の残虐行為に関与しただけでなく、更なる攻撃も計画しているとほのめかされた。このキャンペーンは議会の中間選挙に合わせて展開され、人々の意識を変える上で大いに効果を上げた。新しい壮大な戦略は、世界中を、アメリカ国内の外交政策の専門家をも深く憂慮させた。二〇〇二年九月、ブッシュ政権は国家安全保障戦略を発表し、アメリカの世界的な覇権に異を唱えるものを、武力に訴えて排除する権利がアメリカにはあると宣言した。

アメリカの覇権は永久に不滅だというのである。ブッシュ大統領と側近たちはまた、環境への脅威が深刻だと認識しながら、それを緩和するための国際的な努力をないがしろにし続けた。米国民の関心はグローバルな問題からそらされ、ブッシュ政権は選挙で目標を達成し、イラクをまたとないテストケースとして、意のままに軍事力に訴えることを宣言した新戦略を試せるようになった。

ブッシュ政権の気候変動科学プログラム

サイエンス誌編集長のドナルド・ケネディによれば、ブッシュ政権の気候変動科学プログラム(CCSP)は排出量削減を始めとする緩和策を何ら推奨しないまがい物であり、たとえ達成されても、アメリカの排出量が一〇年間に一四%則後も増加し続ける任意の削減目標でよしとするものなのだ。彼らの名目は、民間の有力者という限られた領域への肩入れが透けて見えるものだった。

温暖化による短期的な変化に目をつぶることで、予測できない突発的なプロセスが引き起こされて気温が劇的に変化し、アメリカやヨーロッパなど温帯に大きな危機がもたらされる可能性。CCSPは増え続ける一連の証拠が示唆する可能性についても考慮しない。ブッシュ政権が地球温暖化問題に対する多国間の取り組みを軽視したために、ヨーロッパとの友好関係が悪化の一途をたどり始め、怒りがくすぶる結果となったと、ケネディ編集長は続けた。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

東ティモールから撤退したインドネシア軍

コロンビアがトルコに代わってアメリカによる軍事支援の最大受益国になり始めた頃、別の所でも恐ろしい事態が展開されていた。それは米国政府ならすぐさま容易に終結させられる事態だった。東ティモールである。一九 …

no image

なぜスターリンは北朝鮮に韓国侵攻を許したのか?

なぜスターリンは北朝鮮に韓国侵攻を許したのか?、フルシチョフは回顧録の中で、次のように説明している。北朝鮮の指導者、釜官蔵は朝鮮半島統一の機会をスターリンに求めた。韓国は防衛線の外にある、とアメリカは …

no image

国際法がなぜ不適切とされるか-ミサイル危機で例証された原理

二〇〇年前、トマス・ジェファソンはニューオーリンズを何としても手に入れたいと考え、ここを手放そうとしないフランスの反抗的な態度を厳しく非難した。我々が平和を愛し富を追求するのは、崇高な動機があるからだ …

no image

タリバン、アルカイダなどを戦略的に弱体化させる鍵

テロリストの脅威を緩和したいと考える人々の間では、アルカイダやそれに関係する集団を生んだ社会的、政治的、経済的状況に対処しない限り、アメリカと西欧の同盟国も他のいずれの国も、イスラム教テロリストの標的 …

no image

アメリカの対テロ戦争は新たなテロリストの避難所を創り出しただけ

フィナンシャル・タイムズ紙の編集者は、ジッダにおけるテロリストの残虐行為について予期できなくはなかったとコメントしたが、それは正しい。社会政治的に微妙な問題は、爆撃やミサイル攻撃では解消できないと、二 …