雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

アメリカ同時多発テロの陰謀は絶対悪だから同等の絶対政策で応じる

投稿日:

コンスタンの住んでいるニューヨークで彼の誘拐か殺害を企て、第三者を巻き添えにして殺すという、イスラエルに認められている手段を取る権利があるだろうか?ハイチはワシントンで爆弾を爆発させる権利があるだろうか?もしないとするなら、なぜないのか?当時、ハイチの軍事政権は、第一次ブッシュ政権とクリントン政権によってさほど暗黙のうちにではなく支援されていた。コンスタンは準軍事組織の指導者で、一九九O年代初めに数千人のハイチ人を虐殺した首謀者だった。

コンスタンはハイチで欠席裁判による刑を宣階された。引き渡し要求は応じるに値せず、報道する価値もほとんどなかった。広く推測されているところでは、もし彼が証言すば、国家テロとワシントンとの関係を暴露されるかもしれないとアメリカは危惧している。9・11について、テロは絶対的な悪だから同等の絶対的な政策で応じるに値すると主張する人もいる。もしこの疑問があまりにもばかばかしすぎて検討の必要もないとされるなら(初歩的な道徳基準からするとその通りだが)、自分たちの指導者が暴力に訴えることに対する合意はどうなるのか?

ドクトリンを受け入れる人は

大規模爆撃がテロ犯罪への合法的な反応であるとするドクトリンを受け入れる人は、ほとんどいないだろう。その他の殺人を犯した国家テロリストがアメリカで安全に匿われているケースで、なぜこうした問題が問われないのか?テロリストを匿えば、匿った者もテロリストであり、従って、テロリストを封市助すれば、そういう者もテロリストとして扱訪れるというブッシュ・ドクトリンに基づいて、残忍な軍事攻撃をするべきだというのである。

正気な人なら、ワシントンへの爆撃がテロリストの残虐行為に対する同等の絶対的な政策に従った合法的なものであり、正当かつ適切に調整された反応だとする主張に同意しないだろう。こうした主張がなぜ不適切かという理由があるとしても、知る限りまだその理由は明らかにされていないし、深く考えられてさえいない。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

生物・化学兵器は非難されるべきものとなっている

マスタードガスの使用に対して同盟国、連合国双方に広範な批判が広がった第一次世界大戦以来、生物・化学兵器は非難されるべきものとなっている。リアリスト的側面は単純である。大量破壊兵器は、拡散を引き起こす深 …

no image

支配的なイデオロギー概念

再び西側は、ソ連が拡張しようとしているとみなした。ほとんどすべてについて何ほどかの誤解があったものの、これら6つの問題は深刻であった。これらの問題は交渉や着和によって解決可能であっただろうか?有和は機 …

no image

米国大衆の三分の二がイラクの撤退に繋がるならば

提案は、米国政府職員によって報道陣にリークされ、彼らはそれらを真剣かつ交渉可能な提案と考えていた。一九九〇年八月のクウェート侵略後、イラクは広範な地域で解決を図ることを条件に、幾つかの撤退案を提示した …

no image

産油地域の中心に軍事基地を有する権利の獲得が米国政府の目的

米国政府のイラクにおける目的の一つが、産油地域の中心に軍事基地を有する権利の獲得であるとは以前から予想されていたが、戦争終結後、まさにその通りの報告がなされた。米国企業は中央アジアの資源を支配するグレ …

no image

自国の破壊兵器を増強しながら他国には手放させようとしていると批判

アメリカを含む諸国は、自国の破壊兵器を増強しながら、他国には手放させようとしていると真っ向から批判した。トルコでは、政府与党における民主主義の資格の欠如ぶりが更に露呈された。同党の実質上の指導者レジェ …