雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

アメリカは自分たちが妥当と見なせば武力を行使する

投稿日:

今後は武力が支配するのであり、アメリカは自分たちが妥当と見なせば武力を行使するのだ。この戦略はアメリカの敵が脅威を感じて、彼らの募る怒りから行動を引き起こす機会を増加させる、とアナリストは結論した。

消えたも同然なのは、法の権限を拡大し、強者を抑えると同時に弱者に発言権を与えようとする国際制度である。二次世界大戦以降、アメリカの外交政策の大切な要素だった武力に対する法の優先は、新しい戦略では姿を消している。

米国芸術科学アカデミーの機関誌の中で二人の国際問題専門家は、政治的に和解を図るのではなく、対立を深めるためのこの計画はそもそも挑発的と書いた。彼らは、アメリカが決定的に優地に立つために、明らかに積極的な軍事対決に向かってるのシわめて危険だ、と警告した。

敵はアメリカの無防備につけ込む安価で手軽な方法を探すだろうし、方法は幾らでもある。ブッシュの政策立案者たちにこうした問題への配慮が欠けていることは、国家安全保障戦略が軍備制限の強化をたった一つのセンテンスだけで片付けていることからも明らかだ。

重大な修正を加えなければならない

多くの人が、自己本位の限定された理由からにせよ、これに賛同しているのも事実だ。アメリカの政策では法が武力に優先するというアカデミーの評価には、重大な修正を加えなければならない。

国益とは、政策を決定する立場にある国内の一部の人々の特別な利益を指す専門用語である。イギリス系アメリカ人の世界では、それはアダム・スミスの時代から自明の理だった。

第二次世界大戦以来、米国政府は強国の一般的な慣例に従い、国益に役立つと思えば常に法よりも武力を選ぶようになった。

自明の理とは真実であり続けるものだ。スミスが厳しく非難したのは、政策の主立案者で、自分たちの利益が何よりも重視されるように画策するイギリスの貿易商人と製造業者であり、それが他の人々ー残酷な不正を被る海外の犠牲者だけでなく、キリスの人々も含めてーに、どれほど苦しい思いをさせようとお構いなしの連中だった。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

生物・化学兵器は非難されるべきものとなっている

マスタードガスの使用に対して同盟国、連合国双方に広範な批判が広がった第一次世界大戦以来、生物・化学兵器は非難されるべきものとなっている。リアリスト的側面は単純である。大量破壊兵器は、拡散を引き起こす深 …

no image

武力行使容認決議-パウエルの状況説明

アメリカの当局者は、パウエルの状況説明が、武力行使を認める決議に支持を集めるための長期的な努力の一環だと見られまいとしていたと、国際報道機関は報じた。国連は会合を開いて討議することはできるが、我々には …

no image

アメリカ本土に対するテロ攻撃の後に

軍事介入を行うのは大国のみではない。たとえば1979年に、タンザニアがウガンダに軍を送り、ヴェトナムもカンボディアに侵攻した。 2001年9月のアメリカ本土に対するテロ攻撃の後に、アメリカはアフガニス …

no image

ホンジュラスの米軍基地から攻撃するテロリスト部隊に通信機器を支給

それは経済を崩壊させ、長期にわたる恐ろしい代理戦争を遂行し、犠牲者には破壊された橋と、疲弊した先住民が自ら望ましくない政府を打倒するまで続ける手段であり、我々が被る損害は最低限のものとし、閉鎖された発 …

no image

予想される巨額の財政赤字について報告

ブッシュ大統領は、我々の財政の落とし穴をより深くするために奮闘していると、経済学者のローレンス・コトリコフとジェフリー・サックスは述べ、予想される巨額の財政赤字について報告した。ホワイトハウスの報道官 …