雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

アメリカは自分たちが妥当と見なせば武力を行使する

投稿日:

今後は武力が支配するのであり、アメリカは自分たちが妥当と見なせば武力を行使するのだ。この戦略はアメリカの敵が脅威を感じて、彼らの募る怒りから行動を引き起こす機会を増加させる、とアナリストは結論した。

消えたも同然なのは、法の権限を拡大し、強者を抑えると同時に弱者に発言権を与えようとする国際制度である。二次世界大戦以降、アメリカの外交政策の大切な要素だった武力に対する法の優先は、新しい戦略では姿を消している。

米国芸術科学アカデミーの機関誌の中で二人の国際問題専門家は、政治的に和解を図るのではなく、対立を深めるためのこの計画はそもそも挑発的と書いた。彼らは、アメリカが決定的に優地に立つために、明らかに積極的な軍事対決に向かってるのシわめて危険だ、と警告した。

敵はアメリカの無防備につけ込む安価で手軽な方法を探すだろうし、方法は幾らでもある。ブッシュの政策立案者たちにこうした問題への配慮が欠けていることは、国家安全保障戦略が軍備制限の強化をたった一つのセンテンスだけで片付けていることからも明らかだ。

重大な修正を加えなければならない

多くの人が、自己本位の限定された理由からにせよ、これに賛同しているのも事実だ。アメリカの政策では法が武力に優先するというアカデミーの評価には、重大な修正を加えなければならない。

国益とは、政策を決定する立場にある国内の一部の人々の特別な利益を指す専門用語である。イギリス系アメリカ人の世界では、それはアダム・スミスの時代から自明の理だった。

第二次世界大戦以来、米国政府は強国の一般的な慣例に従い、国益に役立つと思えば常に法よりも武力を選ぶようになった。

自明の理とは真実であり続けるものだ。スミスが厳しく非難したのは、政策の主立案者で、自分たちの利益が何よりも重視されるように画策するイギリスの貿易商人と製造業者であり、それが他の人々ー残酷な不正を被る海外の犠牲者だけでなく、キリスの人々も含めてーに、どれほど苦しい思いをさせようとお構いなしの連中だった。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

国際法がなぜ不適切とされるか-ミサイル危機で例証された原理

二〇〇年前、トマス・ジェファソンはニューオーリンズを何としても手に入れたいと考え、ここを手放そうとしないフランスの反抗的な態度を厳しく非難した。我々が平和を愛し富を追求するのは、崇高な動機があるからだ …

no image

アメリカの他国への介入の侵略側を懲らしめる行動

第二次世界大戦以降、武力行使によって実際に恐ろしい犯罪を終わらせた重要なケースが二例ある。どちらも、自衛の名目で行われた。一九七八年一二月にヴェトナムがカンボジアに侵攻して、その年に勢いを盛り返してき …

no image

外国政府の高官を買収することで第三者の望む政策を追求させることもある

違法な経済支援の形態ではあるが、外国政府の高官を買収することで、彼らに第三者の望む政策を追求させることもある。冷戦期には、米ソの課報機関はしばしば、望ましい結果を得ようと外国の選挙に資金を投入した。 …

no image

判決はニカラグアによる限定された告訴以外にも及んだ

米国政府の見地からすれば、ウイルスが他国に感染する前にそれを操減するのは当然だった。人々は代わりに恐怖と抑圧という接種を受けなければならない。キューバと同様、ニカラグアはテロ攻撃を受けても、爆弾による …

no image

東ティモールから撤退したインドネシア軍

コロンビアがトルコに代わってアメリカによる軍事支援の最大受益国になり始めた頃、別の所でも恐ろしい事態が展開されていた。それは米国政府ならすぐさま容易に終結させられる事態だった。東ティモールである。一九 …