雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

アメリカの指導者たちはブラックボックスへの出入りは理解できても

投稿日:

ソ連はしばしば、アメリカが真に何を望んでいるのかを誤解した。ソ連はしばしば拡張主義的で、現状維持勢力ではなく革命勢力だ、と非難された。アメリカが国際政治での全体的枠組みの構築といった、不明確な環境目標を追求しがちだったのに対して、ソ連はまた、領土といった明確な所有目標を求める傾向にあった。

アメリカの指導者たちは、ブラック・ボックスへの出入りは理解できても、内部で何が起こっているのかはわからなかった。アメリカ人もまた、ソ連を混乱させた。アメリカは規則性のない騒音を奏でる機械のようなものであり、あまりにもうるさい雑音を奏でるので、真意を明確に聞き取ることが困難であった。あまりにも多くの人々があまりにも多くのことを語ったのである。

スターリン、チャーチル、ローズヴェルトが交渉の席についたヤルタ会談を見れば明らか。スターリンはヤルタで、ドイツとポーランドという明確な目標を持っていた。チャーチルは、アメリカが撤兵した時に備えて、ソ連に対するバランス・オブ・パワーの維持をはかるべく、フランスの復興を望んだ。

世界支配を望む拡張主義者

ソ連は、ヒトラーと同様に世界支配を望む拡張主義者だ、と考えたアメリカ人もあった。他方、ソ連は基本的に安全保障を重視しているのであり、その拡張主義は防御的なものだ、と論じる向きもあった。

ソ連の拡張主義はヒトラーとは異なっていた。ソ連は好戦主義的ではなかった。ソ連は戦争を望んではいなかったのである。ヒトラーはポーランドに侵攻した際、彼がファシズムの栄光のために望んだ戦争の代わりに、ミュンヘン会談戦争回避のための英仏による妥協が提案されるのではないかと恐れた。

ローズヴェルトは国際連合と開かれた国際経済システムを求めた。明らかに、これらの目標は大いに異なっていた。ある意味で、スターリンの戦後目標はロシアの伝統的な帝国主義的目標であった。彼はヒトラーとの条約で得た利益を維持しようとした。彼の希望は、ピョートル大帝のそれにも通じるものであった。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

北半球で爆発した場合、煙は南半球にまで広がるのであろうか

北半球で爆発した場合、煙は南半球にまで広がるのであろうか?異論を持つ者の何人かは、最悪の結果は核の冬ではなく、核の秋であると述べる一ほんの慰めにしかならないが。確実なのは、大規模核戦争が、少なくとも北 …

no image

アメリカは自分たちの直接的な侵略に抵抗する人々をテロリストと呼ぶ

9・11が歴史の流れの顕著な転換点とする主張について考えよう。これには疑問の余地がある。とはいえ、あの恐ろしい日に、何か非常に新しい、それまでとは全く異なることが起きたのは間違いない。アメリカは、自分 …

no image

社会・個人レベルの分析やコンストラクティヴィズムの説明に目を向ける

われわれはシステム上の説明を超えて、社会・個人レベルの分析やコンストラクティヴィズム[構成主義]の説明に目を向けなければならない。社会レベルでは、米ソ両国はお互いに大いに異なっていた。 国際政治の鍵と …

no image

アメリカはならず者超大国になりつつあり外部からの最大の脅威!?

クリントン時代に、傑出した政治アナリストのサミュエル・ハンチントンはこう述べている。世界の多くの地域にとって、アメリカはならず者超大国になりつつあり、他国の社会に対する外部からの唯一最大の脅威と考えら …

no image

国際法がなぜ不適切とされるか-ミサイル危機で例証された原理

二〇〇年前、トマス・ジェファソンはニューオーリンズを何としても手に入れたいと考え、ここを手放そうとしないフランスの反抗的な態度を厳しく非難した。我々が平和を愛し富を追求するのは、崇高な動機があるからだ …