雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

アメリカ合衆国は自国の安全確保のため武力を行使する主権を有する

投稿日:

三月六日の記者会見で、大統領は問題はただ一つだ、と述べた。イラク政府は決議一四四一の要求通り無条件かつ完全に武装解除したか否か?米国政府はわざわざ、公式発表の本質的な空虚さが世界中の人々に明らかになるようにした。アメリカは世界中が反対しても世界の公正な要求にそって行動する。

フセインがいようがいまいが、イラクから脅されれば、アメリカ合衆国は自国の安全確保のため武力を行使する主権を有する。我々の侵攻は正当だ、とブッシュは宣言した。サダム・フセインと家族が国外へ退去しようとしまいと、我々はそれを必ず実行するだろう。国連はその責任を果たさなかった、つまり米国政府の命令に従わなかったので、帳尻の外に弾かれるのだ。

わが国の安全保障に関わることであれば、誰の許可も全く必要としない。つまり、国連の査察と安保理の討議は茶番劇だったのであり、イラクが完全に順守していることが立証されても関係なかった。大統領はたたみかけるように言葉を続けて、その質問への答は重要でないことを明らかにした。

大統領がこの唯一の問題を軽視している

ブッシュはその数日前にも、その唯一の問題に対する答は重要でないと明言していた。大統領がこの唯一の問題を軽視していることは、既に公式に表明されていた。体制転換はイラク人が望む体制を意味するのではなく、征服者が民主主義と呼ぶものを押し付けることであり、それが一般的な慣例なのだ。その数カ月前、ホワイトハウス報道官アリ・フライシャーは記者団にアメリカの政策は体制転換であり、査察官はいてもいなくてもいいと伝えた。

ブッシュが記者会見で自己矛盾を露呈していた頃、ジャック・ストロー英外相は、サダム・フセインが武装解除すればイラク政府がそのまま存続することを認めると言明し、従って唯一の問題は武装解除なのだと語った。解放や民主主義といった事柄は単に口が滑っただけで、イギリスはブッシュの根拠に依っままの武力行使は支持しないという。ただし、言われた通りに行動するとも明言したが。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

アメリカ人の生活を更に管理するために

アメリカ人の生活を更に管理するために、この政権が弾れない公民権は何も、市民権という貴重な権利すらないと、パルキンは結論している。 ブッシュ大統領は、友人トニー・ブレアからの贈り物であるウィンストン・チ …

no image

ファシズムはイタリア人の間で民主主義の脅威を押し潰した

陽光が降り注ぐ原始的な国では、人々の要求は先進社会よりも通かに少ないから、一九五九年に、キューバに樹立されたばかりのカストロ政権をアイゼンハワー政権が転覆させようとした時、CIAのアレン・ダレス長官は …

no image

世界がどれほど滅亡の危機に近づいていたかを意識

危機に対するケネディの対処の仕方と、イラク問題を巡るブッシュ大統領の考え方との比較が会議で再三取り上げられたテーマだと、新聞は報じた。大規模戦争が起これば、北半球は破壊されるというアイゼンハワー大統領 …

no image

ソ連がキューバにミサイルを設置し世界の恐怖の均衡を変えようとした

スティーヴンソンの息子は、あの瞬間には、明らかな目的があった。ソ連を封じ込め、平和を維持することだ。核超大国がキューバにミサイルを設置し、世界の恐怖の均衡を変えると脅している証拠を提示していた。スティ …

no image

イランの制裁緩和さえも禁ずる

米国政府が国連の査察機関(UNSCOM)を利用してイラクを偵察させたことも査察に悪影響を及ぼし、一九九八年一二月にクリントンとブレアが国連の反対を押し切ってイラクを爆撃した後、査察はイラクによって中止 …