雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

アメリカによるアフガニスタンの空爆を正当化するなら

投稿日:

米英によるアフガニスタン爆撃を正当化するために提示された法的論拠について考えてみよう。彼の言葉は、タリバンやアルカイダに対するよりも、ニカラグアに対するアメリカの戦争の方に遥かにびったり当てはまる。クリストファー・グリーンウッドは死と破壊をもたらしたか、もたらすと脅した者に対して自衛する権利がアメリカにはあるという主張を、ニカラグアに関する国際司法裁判所の裁定に対して展開した。

国際法の教授として名高いトマス・フランクも、米英の戦争を支持し、その論拠をこう語っている。国家は、その領土が他の国家を傷つけるために利用されるのを許した場合、その結果に対して責任がある。アフガニスタンにおけるアメリカの集中爆撃や地上攻撃を正当化するなら、ニカラグアはアメリカを遥かに激しく攻撃する権利を与えられなければならなかった。話の原則は、ニカラグアやキューバやその他の多くの例で、アメリカにも間違いなく当てはまる。

単なる脅しではなく行為であるにもかかわらず

言うまでもなく、こうした例では単なる脅しではなく行為であるにもかかわらず、死と破壊をもたらす行為が続けられていることに対して自衛する権利は全く許されない。軍事史家のマイケル・ハワードは国連の支援を受けて警察が活動し、犯罪を企てた者を突きとめて国際法廷に引き出し、そこで公正な裁判を受けさせて、有罪だとわかれば適切な判決を言い渡すべきだと提案している。テロリストの残虐行為に対して適切な対処を求めるもっと微妙な提案についても、同じことが言える。

9・11の場合、価値のあるものとは複合社会の中で市場経済を通じて自己の向上を追求する自由である。それが、九月一日に西洋と異なる道徳的慣行をもつ*v*vv侵略者によって激しく攻撃された。オックスフォードの二人の学者は、比例の原則を提案している。攻撃に対する反応の規模は、攻撃される社会において重大な価値のあるものが妨害された規模に基づいて決められるという原則だ。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

コロンビアの内戦は極端な貧困と暴力が豪延する悲惨な歴史に深い原因

コロンビアで最も有力な人権団体は強制移住させられた住民の数を二七〇万人と見積もっており、それが毎日一〇〇〇人ずつ増えているとする。その推計によると、二〇〇二年には一月から九月までの間に三五万人以上が暴 …

no image

有権者は争点ではなく個人的な資質に目を向けさせられた

有権者は争点ではなく、個人的な資質に目を向けさせられた。一般大衆がエリートと見解を異にする問題は、一般に議題から外されていた。有権者の間では、といっても富裕層に大きく偏っているが、自分たちの階級の利益 …

no image

エスニシティは不可避的に戦争につながる不変の事実というわけではない

旧ユーゴスラヴィアは2極構造の世界で独立を維持すべく団結していたが、チトー大統領の死と冷戦の終焉で、政府がエスニック紛争を調停する能力は弱体化した。コンストラクテイヴィスト[構成主義者}によれば、エス …

no image

世界の世論は軍事行動よりも外交と司法による解決を強く支持した

世界の世論は、軍事行動よりも外交と司法による解決を強く支持した。支持率が最も低かったのはラテンアメリカである。ヨーロッパでは、軍事行動に対する支持率はギリシャの八%からフランスの二九%までだった。例外 …

no image

国際的無政府性-上位の政府が存在しないこと

国際的無政府性ー上位の政府が存在しないこと一は、もし一定の基本原則が遵守されるならば、必ずしも混乱と同義ではない。主権と非介入こそが、無政府的な世界システムに秩序をもたらす2つの原則なのである。それと …