雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

アメリカによるアフガニスタンの空爆を正当化するなら

投稿日:

米英によるアフガニスタン爆撃を正当化するために提示された法的論拠について考えてみよう。彼の言葉は、タリバンやアルカイダに対するよりも、ニカラグアに対するアメリカの戦争の方に遥かにびったり当てはまる。クリストファー・グリーンウッドは死と破壊をもたらしたか、もたらすと脅した者に対して自衛する権利がアメリカにはあるという主張を、ニカラグアに関する国際司法裁判所の裁定に対して展開した。

国際法の教授として名高いトマス・フランクも、米英の戦争を支持し、その論拠をこう語っている。国家は、その領土が他の国家を傷つけるために利用されるのを許した場合、その結果に対して責任がある。アフガニスタンにおけるアメリカの集中爆撃や地上攻撃を正当化するなら、ニカラグアはアメリカを遥かに激しく攻撃する権利を与えられなければならなかった。話の原則は、ニカラグアやキューバやその他の多くの例で、アメリカにも間違いなく当てはまる。

単なる脅しではなく行為であるにもかかわらず

言うまでもなく、こうした例では単なる脅しではなく行為であるにもかかわらず、死と破壊をもたらす行為が続けられていることに対して自衛する権利は全く許されない。軍事史家のマイケル・ハワードは国連の支援を受けて警察が活動し、犯罪を企てた者を突きとめて国際法廷に引き出し、そこで公正な裁判を受けさせて、有罪だとわかれば適切な判決を言い渡すべきだと提案している。テロリストの残虐行為に対して適切な対処を求めるもっと微妙な提案についても、同じことが言える。

9・11の場合、価値のあるものとは複合社会の中で市場経済を通じて自己の向上を追求する自由である。それが、九月一日に西洋と異なる道徳的慣行をもつ*v*vv侵略者によって激しく攻撃された。オックスフォードの二人の学者は、比例の原則を提案している。攻撃に対する反応の規模は、攻撃される社会において重大な価値のあるものが妨害された規模に基づいて決められるという原則だ。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

国連が指令した場合の戦争への支持率はまちまちだった

国連が指令した場合の戦争への支持率は、一三%(スペイン)から五一%(オランダ)までまちまちだった。ギャラップ・インターナショナルから入手した調査結果と、東西ヨーロッパのほとんどの国の現地情報によれば、 …

no image

産油地域の中心に軍事基地を有する権利の獲得が米国政府の目的

米国政府のイラクにおける目的の一つが、産油地域の中心に軍事基地を有する権利の獲得であるとは以前から予想されていたが、戦争終結後、まさにその通りの報告がなされた。米国企業は中央アジアの資源を支配するグレ …

no image

ソ連が東ドイツの共産主義政権を援助するために

直接戦争を避け、核兵器の使用を避け、軍備と核兵器管理の議論を積み重ねるというもの。1980年代の冷戦は、1950年代のそれとは異なっていたのである。冷戦はいつ終結したのか?冷戦の起源は米ソによるヨーロ …

no image

フランスがアルジェリアで文明化活動を実行してミルの賛同を得ていた頃

ミルほど著名で尊敬に値する知識人は他になかなか思いつかないが、恐ろしい犯罪に対する弁護の例として、これ以上に恥ずべき文章も考えられない。ミルのエッセイが書かれたのは、イギリスが帝国主義時代における最大 …

no image

ソ連の脅威が常に語られグアテマラがソ連圏に武器を依頼すると

ソ連の脅威が常に語られ、グアテマラがソ連圏に武器を依頼すると、それに一層拍車がかかった。これはアメリカが攻撃を匂わせ、他国からの武器の供給も阻止した結果だった。一〇年にわたる希望と前進の幕間を、米国政 …