雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

バイク

雨上がり路面での林道バイクツーリング

投稿日:

雨上がりの林道ツーリングでは、ファミリーレストランにも入りづらいほどウエアが汚れてしまい、食堂さがしに苦労するものである。こんなときは、林道に入る前に腹ごしらえをしたり、弁当などを購入しておくとよい。運悪く雨天になった場合は、食事や休息をする場所をしっかりと頭に入れ、トイレタイムも多くとる。晴天の場合は、どこのレストランでも入れるが、雨天の場合は駐車場やカッパを脱ぐスペースの関係から、かなり場所が限られてしまう。

べテランの中には日帰りで500〜700kmを走破する強者もいるが、これは例外。また、走行キロ数は、高速道路を使用するかしないかで大幅に異なり、夏季と冬季でも違ってくる。冬季は早朝や深夜の走行は避け、午前8時から午後5時ごろまでの9時間を目安にコースを考えること。女性ライダーやビギナーが混じっている場合は、トイレタイムや休息の回数を増やし、ワインディングもコーナーやアップダウンの少ない箇所を選ぶようにする。

平均時速の目安としては、一般路は30〜35km/h、林道は25〜35km/h、高速道路は70〜80km/h(休息も計算に入れる)が妥当だ。地図を見てコースを検討する場合は、昼食タイムや休息時間を多めにとっておくと、行程に余裕ができ、楽しいツーリングが行える。

林道いソーリングの場合

林道いソーリングの場合は、往路はなるべく高速車路を利用し・小道走行に十分時間をかけ(パンクやトラブルも想定しておく)、帰路は一般路というのがふつうである。最近のトレール車はオンロード性能も非常によいので、タイトコーナーの連続するワインディングを往路に選ぶのもおもしろい。

大都市から遠ざかるにしたがって、車やオートバイの飛び出しが多くなり、いつもの感覚で走行していると、思わぬ事故にあうケースも少なくない。特に北のほうでは、夏季でも雪道の走りの習慣が抜けないのか、一時停止を守らず、ズルズルと本線へ入ってくるドライバーが多い。また、青信号だと安心していると、急に車が飛び出して驚かされることもあるので、十分に注意して走行しよう。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイク引き起こしのコツ

バイクは本来走ることで、信じられないような安定性を発揮する乗り物。バイクの扱いに慣れていないビギナーライダーは、立ちゴケを始めとして、多かれ少なかれ、誰だって何回かの転倒経験を持つことは当然だ。そこで …

no image

オービスから逃げる方法はあるのか?

先日、電車の中での雑談を聞いていたら、「オービスから逃げる方法があるぜ」「へえ、どうするの」「パッとストロボが光るだろ。つぎの瞬間にフィルムは巻き上げられるわけだ。その巻き上げられるあいだに走り切れば …

no image

モトクロスのジャンプの方法など

ジャンプするときはハンドルを手前に引いてリアから落ちるーこう解説している本がほとんどだ。たしかにそのとおり。それが理想だ。だが状況によっては、そんな理論は通用しない。とにかく飛ばなければならないのだ。 …

no image

バイク グローブの選び方-夏や冬に合うもの

グローブをしていれば多少スべっても手にキズを負うことはないが、ライダーに合ったサイズと安全性を備えたグローブを着用していることが大切だ。まず、サイズは、上着のそで口がかぶるぐらいの長さがよく、短かいと …

no image

二輪車で高速道路を走行する場合の注意するポイント

高速道路に乗り入れるとき、次の注意事項を守ることだ。高速走行は思った以上に疲労が激しいので、1〜2時間ごとに(走行ペースやマシンによって異なる)サービスエリアで休息をとり、ガソリンは早めに補給する。ウ …