雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

悪徳中古車業者の例-程度に関する応答には要注意

投稿日:2014年11月2日 更新日:

ふつうの店の接客はタンパクなのがほとんどだ。小さい店は、買うかどうかわからない客にいちいちかまうほどヒマじゃない。う~ん、考えておきます。また来ますからと言えば、あっそうてな具合に、何も言わずに客を帰しちゃう。それに中古車店は新車ディーラーと違って値引きなし。そのための駆け引きもないというわけ。

ヤバイ系の店は、一度つかまったらハシコを押すまで帰してくれないんて怖いことも。一度店に入ったら、断わるのが難しそう。住所だの電話番号だのを教えろなんて店は少数派。そういうのはディーラーに多かったりする。

気に入ったクルマがあったとしよう。しかし、ほかに行けばもっといいものがありそうとか、いいけど、大満足じゃないと迷っている。そんなときに店は必ず、こんないいクルマはすぐに売れちゃいますよと言うはず。決断を迫るセールストーク。しかし、本当にすぐ売れることはめったにない。次の店に行くのだっていい。あせる必要はない。なくなったらしょうがないですねとか言っていったん帰り、じっくり検討してみよう。

車の買取査定を上げる色々なポイント

お金を捨てるようなもの

あぶないクルマを買うなんてお金を捨てるようなもの。買っちゃダメ。そんなときは信じないで、こう言う。もし壊れたらタダで直してくれるんですよねと。それに対して、保証はないなんて言うのは、さっきのはウソ。壊れる可能性大ですと言っているようなもの。

中古車店は置いてあるクルマを絶対に悪く言わない。アイドリングが安定せずにすぐエシストしょうとも、事故でクルマがゆがんで真っすぐ走らなくても、板金だらけでも、このクルマは程度いいですよ。大丈夫!なんて自信満々で言うもの。程度に関する応答には要注意。

トラブルを避けたいなら、手付けや仮押さえは行なわないのがベスト。手付けはおすすめできない。アナタが迷っていると店は、他に売らないために手付けを払いますか?と聞いてくるはず。なぜなら手付け関係のトラブルがムチャクチャ多いから。

手付金を返さない店も多い。良心的な店ならば問題はない。でもヤバイ店なら、手付けのつもりが契約まで持っていかれちゃうことも。同じように、店では何もなかったけれど、あとで電話がかかってきて、押さえときますか?と聞かれ、よろしくお願いしますと言ったが最後、契約書を勝手に作るなんてムチャをする店もある。気をつけよう。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

バンパー修理の値段が高い日本の事情

欧州人は、自分たちの生活を豊かにするための金の使い方を知っています。日本人にはまだ少ないようですが、例えば夫婦でコンサートへ出かけたり、美術館巡りをしたり、味に没頭したりという具合です。 夫婦単位で行 …

no image

中古車検索サイトを利用して情報を得ると10倍見つかる

インターネットのサーチェンジンで、中古車を探すと、ヒット数は1千万件以上の数がある。最近はインターネットでもバカにできないほど大量の中古車情報を入手できるようになってきた。まず最初に紹介したいのが、最 …

no image

6速MTや5速ATが必ずしもいいとは限らない

近ごろでは5速AT・オートマチック・トランスミッション、6速MT・マニュアル・トランスミッションなどというスポーツカーや高級車も登場している。いままで5速MT、4速ATだったものが、より細かく分割され …

no image

据え切り問題はパワステが装着され解消された

今日では自動車メーカーが開発の段階で据え切りをしても、摩耗してガタがでることがないように油圧装置を使って何万回もの「据え切り耐久試験」を実施し、耐久性を向上させてありますが、昔は、取扱説明書に「ハンド …

no image

日産ムラーノの評価-新型プラットフォームで走行安定感が進歩

日産のムラーノは、新型プラットフォームを採用し走行時の安定感が格段に進歩した。ムラーノの担当デザイナーは、クルマをデザインするという意識はあえて持たず、宇宙船のような物体をイメージしたと語っている。既 …