雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

亜高山帯の植物や低山帯の植物

投稿日:

低山帯から上の地域は亜高山帯である。標高約一七〇〇~二五〇〇mで、木の種類が多様ではなく、比較的単調な針葉樹林から成り立っている。高木はシラビソ(シラベ)、オオシラビソが主で、これにトウヒ(エゾマッの変種)が混在し、乾燥するところではコメツガが多い。この地域をコケモモートウヒ・クラス域という。主として太平洋側にはシオジーサワグルミ林が見られる。

それともう一つ、ヤマハンノキ林も低山帯の主要な群落といえるだろう。これはヤナギーヤマハンノキ林と呼ばれ、河床部や川辺で大雨のたびに冠水するような立地に生えている。低山帯もまた古くから人間の手がよく入り、自然の植生はほとんど残っていないようだ。そのようなところでは、やはり代償植生が見られる。低山帯の主要な群落の一つに、サワグルミ林がある。植物生態学的にはトチノキーサワグルミ林と呼ばれ、日本海側の多雪地の傾斜地や谷に発達する。

人間が刈った森の後に生育するのが二次林

低木層はほとんどなく、草本層はシダ類を主体とする。道路や畑などの開けた場所と森の間に、茂みが発達するが、これは林の裾を覆ているのでマント群落と呼ばれる。そしてマント群落と林の間には比較的丈の高いソデ群落がある。マント群落やソデ群落は、森の中に太陽光線や強風が直接入り込まないように、バリアーの役目を果たしている。また湿原の周辺にはレンゲツツジ、ヤマドリゼンマイの優占するマント群落が見られる。

そして、人間が刈った森の後に生育するのが二次林である。これにはクリーミズナラ群落やレンゲツツジーシラカバ群落がある。植林によるカラマツ林、採草によるススキ草原、放牧によるシバ草原、伐採によるヤナギランークマイチゴ群落なども見られる。本州中部の乗鞍岳(三〇二六m)へは舗装道路が完成している。バスで高山帯にまで簡単に達することができるのである。日本百名山を著わした深田久弥氏も、戦後、頂上まで登山バスの通じたことは一つの驚異であった。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

子供と歩くハイキング-疲労や空腹、喉の渇きを見逃さない

ハイキング中は、息が上がらない程度に同行者との会話を楽しむよう、導いてあげよう。疲労の問題だけでなく、家族と離れて先々進んでしまうのも心配だから、彼らのペースには親も常に注意すること。大人が1人、先頭 …

no image

川遊びや虫を見つめるのは面白い

ヨモギの葉をよくもんで、葉の汁をガラスにぬっておくとよく見えると言われ実行し、タイヤチュープに乗り、一日中、川の中をのぞいていた。魚、川藻のついた岩、ユラユラする水中植物、湧き水に砂が舞い、また別の魚 …

no image

糖原病の子供-アウトドアに対する情熱でハイク

ある家族のお話。アウトドアに対する情熱は、バリーとシャロンにとっては体の一部とさえいえる。生後4カ月で糖原病と診断された。原因は軽い風邪でも、そのせいで消化機能に支障をきたせば、発作を起こして取り返し …

no image

山小屋は予約なしだと色々と面倒なことが増える

・山小屋は予約すべし 昔、山小屋の食事といえば、夕食はカレー、朝食はご飯に味噌汁と相場が決まっていました。予約なしで泊まり客が来ても、なんの問題もありません。昔々、山小屋は登山者の緊急避難の場所でした …

no image

キャンプ場で起こりえるトラブル

管理人のいないキャンプ場などでは何が起こってもおかしくない。運がよければ誰にも会わなくてすむが、ゴミや割れたビール瓶が散らかっていれば、深夜族がひいきにしている可能性あり。騒音が気になったら、すぐに直 …