雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

赤ちゃんとハイキングは気持ちにゆとりを持って

投稿日:

キャリアといえば楽しいモノ。娘にはそう思ってほしかった、とある母親。不快と憂鬱が連想されたのでは、一緒にハイキングできなくなる。常にダブルストックで臨み、安全な迂回路があればそちらをとった。トレイルの幅があるところでは、トッドも並んで歩き、パパの百面相で笑わせる。娘の場合はおむつ交換や授乳、ストレッチなど、生理的要求が重なっていたから、これを利用して休憩にあてた。

娘が9カ月になるまでは、キャリアのなかで1時間半ぐらいはおとなしくしていてくれた。ぐずり始めたら足を握ってスキンシップで安心させたり、ウマのマネをしてなだめたりする。娘が眠っている間は、私達も疲労度に関係なくひたすら歩き、距離をのばすことに専心した。休憩がどうしても必要になれば、お休み中のシェラを起こさないようにキャリアを降ろして地面に置き、くつろいだ。さっきの休憩からまだ5分しか経っていないのに、おむつ交換で足を止めることもあるがしかたがない。

日程は赤ちゃんが取り仕切っている

日程は赤ちゃんが取り仕切っているのだ。キャリアのなかでは、半分はお昼寝、残りの半分はキョロキョロしている。もっとも、子どもが目覚めて動くと倒れるかもしれない。誰かがすぐそばにいる必要がある。気持ちにゆとりを持って。子どもがよちよち歩くのもほんの束の間で、この間にしか味わえない喜びもある。一番大切なのは子どもにトレイルを体験させて、実際に歩き、その素晴しさを知ってもらうこと。

子どもが歩けるようになり、ときどきキャリアを降りてハイキングに参加し始めると、かえってペースが落ち込んでしまうこれまで当然のようにこなしてきた距離がカバーできない。イライラするのも無理はない。家族の力量を考えて、今の自分の限界を設定し直そう。この子がもっと大きかったら、なんて無意味なことは考えず、彼らが自分のペースで自然を味わう姿をのんびり眺めよう。実は私達も、その心構えが全然できていなかった、と母親は語った。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

春の雪質の特徴と気をつけたい山での注意点

軽く準備運動してから登り始めるとまずチゴユリの白い花が歓迎してくれます。続いて雪椿の紅い花が日にあざやかに飛び込んできます。飯豊連峰の西、越後平野に面し連なる五頭連峰は新潟でも、もっとも登山者の多い山 …

no image

箕面を散策してみる

箕面は一時期、観光用に餌付けされ、さらに観光客が食べ物を与えたり捨てたりしたためにサルたちは人ずれして、人間を襲うことで知られるようになった。しかしサルを自然に返す実験ですとの看板の通り、現在ではサル …

no image

登山用ザックはサイズ選びに注意しましょう

・ザック 大きさから背負やすさ、使いやすさ、そして機能面にいたるまで十分玲味して選ぶ必要があります。山での生活用品をすべてこの中に入れて持ち運ぶことになります。大きさですが、一般的に日帰りでは二〇リッ …

no image

ファミリー用カヌーの条件-子供にも本物のパドルを持たせよう

ファミリー用カヌーの条件-子供にも本物のパドルを持たせよう。 安定感があり、荷物をたっぶり積み込めて、パドリングしすいことがファミリー用カヌーの条件だ。子どものパドリングをあてにしていなくても、初めか …

no image

低山ハイク-全行程を自力で歩くことができるようなトレイルを選ぶ

ある家族の話。街であれ、アウトドアであれ、ハンディによって彼の人生が制約を受けるべきではないと、メーロンを愛する両親は信じている。娘が3歳のころは、5キロくらいなら問題もなく歩いていた。もちろん、何度 …