雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

赤ちゃんの言語能力と犬の能力

投稿日:

犬の様々な信号は、言語といえるだろうか。赤ん坊が自分の名前を呼ばれてそちらのほうに顔を向けると、心理学者はその赤ん坊には初歩的な言語的能力があるという。成長の最も初期の段階では、受容できる言語。つまり、子どもがほかの人間の話し言葉や身ぶりによる言語を理解する能力が、子どもの言語能力を測るおもな指標となる。赤ん坊が初めてしゃべる言葉は、実際の言語の真似ごとにすぎない。赤ん坊がコミュニケーションのために使う音はほかにもある。

不安になるとクークーと鼻声を出し、興奮するとハーハーという息づかいをする。これらの声から赤ん坊の状態が情報として伝わるのだが、それは同じ状況に置かれた犬の出す声と驚くほどよく似ている。赤ん坊が初めて言葉を言えるようになるのはだいたい一二カ月ぐらいになってからだが、心理学者は泣き声や、ウーウー、バブバブなどという声にも言語やコミュニケーションに類した内容が含まれ、喜びや不快や子どもの欲求に関する情報を伝えるとしている。

心理学者は動作も言語要素のひとつとして認めている

声に加えて、心理学者は動作も言語要素のひとつとして認めている。たとえばマッカーサー伝達能力発育調査項目表。幼児の言語能力の査定に使用される尺度では、意思を伝達する身ぶりも言語とみなした項目がある。犬も人間の赤ん坊も、自分で言語を発する力より受けとめる力のほうが大きく、また確実である。彼らが理解するものの中には、周囲の状況と、私たちが彼らに何を望んでいるかという情報が含まれる。

興味を引くものやことがらを指で指し示す、人と別れるときにバイバイと手を振る、抱いてほしいときに両手を広げる、あるいはおいしいものを食べて唇を鳴らすことまで含まれている。犬の意思伝達の動作も、複雑さにおいては幼児の言語能力に匹敵するといえるだろう。お手々をちょうだいという要求に赤ん坊が正確に応えれば、私たちはそこになんらかの言語能力を認める。とすればお手と言ったときに犬が適切な反応をするなら、同等の言語能力が示されていると考えてもよさそうだ。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

牧畜犬の犬種の群れを追いたて一定の場所に送り込む能力

ある人のケアーン・テリアは、九歳のときに初めて田舎で暮らすことになった。ある午後、テリアがフクロネズミを獲る姿を見て私はいささか驚いた。彼はネズミの首ねっこをくわえ、激しく一度振り回し、あっという間に …

no image

子犬が家に来たばかりの頃の注意事項

今日から家族の一員となった子犬に、さっそく名前をつけてあげましょう。呼びやすく、愛着のわくような名前がいいでしょう。眠りから目覚めた子犬が、じゃれついてきたときは遊ぼうのサイン。あまり騒がず、ゆったり …

no image

犬の音への反応を調べるテスト

犬の音への反応テストというものがある。このテストをおこなうためには、テスト者は音が聞こえてくる方角に犬の背中を向けさせたら、テストが終わるまで犬に触らないようにする。犬が位置についたら助手は缶を三回す …

no image

犬を抱き上げることで起こる危険

いつも犬のとる行動には敏感になり、悪いうちに摘み取ってしまいましょう。犬は物事の善し悪しは判断できませんので、叱られて止められることをされなければ習慣になり、いつでも感情のままに行動するようになってし …

no image

日本のペット市場規模の約40%はペットフードで占められている

・ペット市場の約40%はペットフードで占められている ペットフードの安全性に対するさまざまな懸念の声が聞こえてきました。大半はブリーダー、トリマー、獣医などペットの健康と関わる仕事をしている人たちの声 …