雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

赤ちゃんとの外出先でのおむつなどの対策

投稿日:

赤ちゃんとアウトドアに出かける際に困るのが、おむつだ。おむつカバーは、ふだん使う枚数に余裕を見込んで持っていこう。自宅、トレイルを問わず、市販のおしりふきを使わずに、専用の小さな布を利用する。排池のたびに清潔なのを一枚、水で湿らせて汚れを拭きとる。小さいので重さもしれている。気温が低いとビニール製はゴワゴワしてしまう。べストなのはナイロン・コーティングのおむつカバーで、デパートや子ども服通販カタログで探してみる。

これなら気温に関わらず柔らかくしなやかだし、丈夫で長持ちなのもうれしい。バックパッキングには飲料水のほか、このおむつ交換用の水も忘れないこと。もちろん、いちいちお湯など使わない。子どものお気には召さないけれど、これもバックカントリーの醍醐味とあきらめてもらうしかない。混同は許されない。万が一の汚染を避けるため、子ども用の飲み水はチャイルドキャリアかどこかに入れて、おむつ交換用の水とは別にしておく。短期間の旅行ならそのまま家に持ち帰って処理する。

折り畳み式の大型ポリタンク

ぴっちり閉まるフタがついたバケツをクルマに積んで、汚れたおむつはそこに入れておく。折り畳み式の大型ポリタンクの上部とハンドルを切り取れば、すすぎ専用バケツができ上がる。ナイロンの帯ひもと棚包用テープをこのタンクの底から回して(帯ひもの上からテープをかける)持ち運べるハンドルを作ってもよい。バックカントリーには、厚手のゴミ袋を汚れおむつ用に、防水加工のスタッフバッグを新しいおむつ用に準備しよう。

使用しないときは折り畳めるようにしておくこと。毛布を一枚クルマに積んでおき、おむつ交換や休憩時に利用する。地面に敷くものはすぐ手の届くところに常備する。これで清潔で柔らかい場所が確保できるし、クルマの長旅で座りずめだと、たまには横になって体を伸ばすのも気持ちがいい。おむつは汚れたらすぐ交換する。1人が赤ちゃんをあやしてもう1人がその間におむつを取り替える。アウトドアでは2人がかりの仕事だ。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

山での汚物の問題-果たして持って帰れるものなのか

日高山脈の盟主、離脱岳は日本百名山の一座。日本百名山の著者深田久弥さんは、新冠川を遡り、七つ沼カールにテントを張って一泊した翌日、腕尻岳の頂に立ちました。日高山脈の七つ沼カールは、登山者の聖地です。一 …

no image

アウトドアでのレインウェアはキッズ用も防水加工で

子どものレインウエアを購入するときは、自分ならこういうのが欲しいと思うものを探す。後に、上下セパレートになったレインウエアを発見。これは大人用のあらゆる機能を備えている。普通にアウトドアに出かけるだけ …

no image

登山用レインウェアはツーリングの際におすすめ

自転車用トレーラーでツーリングをする際、普通の登山用レインギアが十分役に立つ。ポンチョはスソがパタパタし、チェーンやスポークにからまるのでダメ。すぐにあがりそうな雨なら、自転車用トレーラーを閉めきれば …

no image

川辺などの危険が伴う場所でのキャンプの注意

ビューポイントや川辺など危険を伴う場所では、到着前後に子どもと話し合って、どこまで行っていいか、何をしていいかを決める。小さな子達は常に大人と手をつないで行動すること。もっとも、危険かもしれないからと …

no image

国土地理院の1/25000地図に書き込みをする

国土地理院の1/25000地図に書き込みをする。 俳句や短歌、詩、スケッチ、絵手紙などを趣味とする人も、ベースは書き込みのある二・五万図だ。現地では天候が良くないときもある。歩くことに必死なときもある …