雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

赤ちゃんのアウトドアでの防寒対策

投稿日:

アウトドアでは、赤ちゃんの防寒には、しっかりと注意を払いたい。赤ちゃんは髪の量が少ないので、頭部の保温は帽子で決まる。睡眠中、首まわりから逃げる体温は、タートルネックで防止しよう。綿もいいが、ポリプロピレンなどのほうが保温効果に優れている。大人の靴下をパジャマの上から履かせて安全ピンで留めると、足元の防寒は完璧だ。靴下部分がビニール製のものは、暑いときに汗をかくので切り取ること。

とくにポリエステルの靴下は入手も簡単で、つなぎパジャマの中で履くと暖かい。アクリル素材で頭からすっぽりかぶり、顔の目鼻部分に穴が開いているバラクラバが、普通の帽子より暖かい。帽子の上からトレーナーのフードを重ねるなど工夫したい。上に重ねるつもりでウエアを購入するときは、サイズを一つ大きめに。パジャマの上からフードのついたトレーナーを重ねるとさらに暖かい。

赤ちゃんが丸ごと入れるべビーバッグもお薦め

ウェアや毛布で多少着膨れしていても、睡眠には差し支えない。寝相が悪くて上半身がべビーバッグからはみ出すこともあるから、重ね着は必要だ。寒い日には、赤ちゃんが丸ごと入れるべビーバッグをお薦めする。繊維を中綿にしてキルティング加工したものだ。チャイルドキャリア用には、脚のついたべビーバッグを選ぶこと。重ねたウエアを脱いだり着たりして、目を覚まさない赤ちゃんはまずいない。それでも保温は最重要課題なので、我慢してもらうしかない。

暑いときは、日焼けで赤ちゃんの皮膚を傷めないよう気をつける。薄手で寒色系、ポリエステル素材のつなぎは、足先部分を切り取ったうえ、靴下なしで使用する。軽めの木綿でもよい。赤ちゃん用のサングラスがあるので、嫌がるかもしれないが試してみる価値はある。雪原や水上で遊ぶときは、赤ちゃんの目を守ってあげること。蒸し暑い日には木綿のTシャツ1枚とおむつ、日除けの帽子で十分だ。つばのついた帽子でもギラつきは多少抑えることができる。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

子供の自然体験の教育効果

自然や他者への配慮がまったくない風景に、子ども達の心は傷み、不倫快を隠さない。そしてローインパクトのトイレ・テクニックに納得する。すなわち仮設トイレがあればそれを利用する、排池物や汚れ物の処理は、トイ …

no image

山小屋では消灯後朝食まではサイレントタイム

・山小屋では消灯後朝食まではサイレントタイム 山小屋に到着したら、速やかに受け付けを済ましましょう。その際、部屋の場所、乾燥室や談話室の有無、夕食・朝食の時間、消灯時刻、水やお湯はもらえるのか、また有 …

no image

赤ちゃんとアウトドアに出る場合のおむつなどの対処

赤ちゃんとアウトドアに出るのはとても楽しい体験だし、こういった面倒な問題を乗りきる方法はいくらでもある。持っていくものの必需品は、清潔なおむつ・おむつカバー・タオル・水・べビーローション・汚物用袋・地 …

no image

登り優先が登山のルールだと誰が決めたの?

・登り優先は絶対的なルールではない 狭い山道で、登る人と下る人とがすれ違うときは、登り優先とされています。と書くと、登り優先がルールかのように思われるかも知れませんが、それはルールだとは思っていません …

no image

ハイキングでの貢献度ではバックキャリアの右に出るものはない

ハイキングでの貢献度では、バックキャリアの右に出るものはない。背負う人も背負われる子も快適さが最優先。値段は二の次だ。前掛け式でも背負って使えるものもあるが、本気で子連れアウトドアをするなら、バックキ …