雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

赤ちゃんとアウトドアに出る場合のおむつなどの対処

投稿日:

赤ちゃんとアウトドアに出るのはとても楽しい体験だし、こういった面倒な問題を乗りきる方法はいくらでもある。持っていくものの必需品は、清潔なおむつ・おむつカバー・タオル・水・べビーローション・汚物用袋・地面に敷くもの。汚れた紙おむつを捨てられるところなどあまりないから、軽い気持ちで携行するとアテが外れる。おむつは環境衛生上、また経済的・美的にも、布製がアウトドアには適している。

紙おむつは短期旅行や、荷物量を気にしなくていい旅行ならともかく、アウトドア・アドベンチャー向きとは言えない。焼却も、土中に埋めることも、簡易トイレ施設に投げ込むことも御法度。布製なら干しておけばパッキングしても重さが変わらない。汚れたおむつの重さは、おしっこ自体の重さがほとんどで、布おむつ最大の利点はここで活きる。そのおしっこを全部持ち運ぶとしたら、1日の終りには大変な量になってしまう。超薄手の一枚布のタイプは、オールドファッションだが乾きは早い。

赤ちゃんの排便周期がわかっているなら

赤ちゃんの排便周期がわかっているなら、タイミングをずらしておしっこ専用に活用しよう。湿度の低い西海岸だけでなく、ムシムシする東海岸でもちゃんと乾いてくれる。使い捨てだとこうはいかない。さらに、この乾いたおむつを2枚の清潔なおむつにはさんで、吸収に役立てることもできる。遠出におむつを準備するときは、まず家で1日何枚使うかを数え、それに最低3枚を予備として加える。アウトドアのためだけにわざわざこのタイプを購入することもない。

市販おむつにある、おしりの丸みやサイズにフィットするよう裁断してあったり、真ん中に厚みを入れた長方形のタイプで十分だ。お腹をこわすこともあれば、食物繊維や水分をふだんより多くとって便が柔らかくなったり排尿回数が増えたりもする。自宅と登山口の往復分も忘れずに。予備はどうしても必要だ。マジックテープでとめる通気性抜群のおむつカバーは、下病のひどいときだと横モレし、ウエアまで汚してしまいかねない。お腹がゆるいとわかったら、ビニール製で脚の部分がびったりフィットしたカバーを使おう。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

山では気象の知識を得た上でさらに山での経験が重要になる

気象の知識を得た上で、さらに山での経験が重要になる。だから日帰り登山によって苦い経験を積むことは無駄ではない。気象による深刻な遭難を避けることができるし、そうすることで快適なウォーキングを約束できるか …

no image

自然を楽しみながらのおしゃべりと食事

ブランケットを敷き、バスケットをテーブルがわりにして、自然を楽しみながらのおしゃべりと食事。ときには、釣り、狩り、スポーツ観戦といったものと一緒に。それがピクニックだ。ピクニックは非常に手軽で簡単。こ …

no image

野鳥の観察には双眼鏡は必需品

双眼鏡はなじんだ自分のものを使用するのがよい。使うときには、まず左右のレンズの幅を自分の眼の幅に合わせる。そして視力に応じて、右と左のレンズを順に調節する。そして、いよいよ双眼鏡を実際に使用する。上手 …

no image

山は子供の遊び場-コンパスが読める年齢になったら

石づたいに小川を渡るテクは、何度も練習を重ねてうまくなる。足の位置など、大人のアドバイスが必要なので、まず親が先に渡ってテストしよう。雪解けや雨で増水した川を渡らなければならないトレイルは、子ども連れ …

no image

昔の天気予報の言い伝えを使った観測の方法

大きな山の西と東では天気がちがってあたり前、でもテレビはそこまで親切ではありません。昔から伝わっている、天気についての格言の的中率は高いパーセントと言われる。この数字は、コンピューターを使った天気予報 …