雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

愛と憎しみはどこでつながっているのか

投稿日:

バーバラは装置の台から飛び降りる、ドアから飛びだし、そのまま真っすぐ建物から出て行ってしまった。わたしが話す時間もなければ、実験に参加してくれた謝礼の五ドルをわたす暇もなかった。

愛と憎しみはどこでつながっているのか?一緒に検査室に向かっているとき、バーバラの足取りは重かった。まるで絶望の海でおぼれているような顔つきだった。しかし、それだけではすまなかった。バーバラの動揺は予想していたものの、実験終了直後に起きたことには、さすがに面食らった。

彼女によれば、実験中にマイケルの写真を見ているうちに、ふたりの口論を最初から最後まで思いだしてしまったのだという。「もうぜったい彼を忘れられない」彼女はそういいっと、わっと泣きだした。

そして、彼女が謝礼を受け取りにきたときには、もっと驚かされた。彼女はすっかり取り乱していのだ。そこでわたしは、一緒に待合室で話しましょう、と頼みこんだ。彼女が同意してくれたので、わたしたちは腰を落ち着けて話をはじめた。

しゃくりあげている彼女を見ているうちに

しゃくりあげている彼女を見ているうちに、べつのことにも気がついた。彼女はひどく腹を立てていた。涙の合間から、ギロリとわたしをにらみつけてきたのだから。と、彼女がいきなり金切り声をあげた。「どうしてこんなこと研究したいんですか?」罵声を浴びせられ、驚きのあまりしゃべることもできず、彼女を見つめ返すばかりだった。

自問した。情熱的な恋愛感情を生みだす脳内回路は、心理学者が「憎悪と怒り」とよぶ感情を生む脳内ネットワークと、どこかで直接的につながっているのだろうか?彼女はわたしに腹を立てていたわけではなかった。

マイケルに対して怒り心頭に発していたのだ。たまたま手近なところにいたことから、わたしを攻撃したにすぎない。やがて、ある重要なことに気づいた。今回の実験は、心理学者リード・メロイが「見捨てられ怒り」とよぶところの感情をバーバラに引き起こしてしまったのだ、と。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

性的な独占欲がいちばん興味深い

性的な独占欲があるからこそ、祖先たちの貴重なDNAが守られ、愛するだれかのために時間とエネルギーのほとんどを費やすことができた。ところが、性的に誠実であってほしいという衝動とともに、もうひとつ、こちら …

no image

必要は発明の母であるといわれるように学問は必要によって生じた

必要は発明の母であるといわれるように、学問は必要によって生じました。一見、必要とまったく無関係な「学問のための学問」のようにみられる場合さえ、その好奇心というか、探究の姿勢は、やはり人間がこの世界に生 …

no image

失恋における抵抗とあきらめ、あるいは絶望の段階

精神分析医と神経科学者は、失恋をふたつの漢然とした段階にわけている。「抵抗」の段階と、「あきらめ、あるいは絶望」の段階だ。抵抗の段階では、捨てられた人は愛する人をどうにかして取り戻そうと取り憑かれたよ …

no image

前頭前野皮質のさまざまな部位を使って

前頭前野皮質のさまざまな部位を使って、報酬をモニター。それにいくつかの部分は、直接的につながっている。いつの日かだれかが、恋愛を指揮する役目を負う前頭前野皮質の正体をあかしてくれることだろう。 額のす …

no image

過去にこだわることの無意味さを知りっくしていたので

あるとき私は、もう大丈夫だろうと思って、A一の家庭、つまり本当は私の妻子である家族を訪れました。もちろんB医師として理性的に振舞っていたのですが、しかし帰ったあと、妻子恋しさはどうしようもないものがあ …