雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

アイロンで貼れる障子紙の貼り方

投稿日:

アイロンではる障子紙というものがあります。特殊なノリが塗ってあり、アイロンを当てたところだけが熱でくっつくというものです。少し紙を引っぱりながら、上部の左から右へアイロンの先端で仮どめします。紙を障子にのせ、曲がらないように注意してあわせ、上部分に、アイロンの先を当てて固定します。一枚ばりの要領で少し引っばり気味にしながらころがし、障子にあわせて、紙を粗切りにして下さい。同じように、横も下も同じ要領でとめて下さい。

紙にしわが寄ったり、たるみが出たら、とめたところにアイロンをあて、紙を引っばるとすぐとれますから、なおしてもう一度とめることができます。桟の部分は全部にアイロンを当てるのではなく、核の交差する十字路のところにだけアイロンの先端で固定します。紙じゃくり部分には、アイロンの左右の端を使って固定します。一枚ばりと同じように、余分な紙を切りとりましょう。本来は板戸のように、縁がはずれないふすまのために考えられたもののようですが、縁のはずれないふすまは、段ボールふすまのようにますます増える傾向にありますし、縁がはずれるものでも、はずさずにはれるわけですから、大変便利です。

アイロンではる障子紙

アイロンふすま紙をふすまの上に裏返しておき、ハケかスポンジで水を塗ります。三分ぐらいこのままにしておき、紙が十分に伸びるのを待つわけですから、この間に紙が乾いたりしないように、十分に水を塗って下さい。ただし水たまりができたり、表に水がまわったりしないように。乾くようならもう一度塗ります。通常、売られているふすま紙はのりつきで、水だけではれるのりつきふすま紙と表示してありますが、最近ではアイロンではれるふすま紙というのも、多く見かけるようになってきました。

次第に知られてきて、昨年の暮れには品切れになったほどだったとか。このふすま紙の裏には、熱を加えると溶けて、くっつく、特殊な接着剤が塗ってあります。一枚ばりでもノリを使わず、アイロンではる障子紙というのがあります。ふすま紙を裏返して、つまり表を出してふすまにのせ、なでバケで四方に空気を追い出すようにして、ふすまに紙をあわせます。前後、左右の曲がりに注意します。ハケでなでながら、ふすまの縁を指で探り、軽く型をつけるようにしておきましょう。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

本を捨てられない人の対策

・本を捨てられない人はこうする 本はもっているだけで価値があるような気分になって、ついつい捨てられないという人も多い。本が好きな人の中には、買った本は絶対に手放したくないと考えている人は少なくない。だ …

no image

不要になりそうな靴の見分け方

乾燥させたり磨いたりして手入れを怠っていなくても、いずれ廃品となる日がやってくる。見た目にはわからなくても、足の汗を吸ったり、道路のホコリなどにまみれて、靴は想像以上に疲れているもの。その見分け方は、 …

no image

ティーカップの賢いしまい方

・ティーカップの賢いしまい方 戸棚に食器をただ積み重ねていくだけでは、どうしても無駄な空間が残ってしまう。とくにカップ&ソーサーは重ねて積んでも数が入らず、収納に苦労するもの。天板のほうに自在 …

no image

ピアノは専門業者にまかせる

・ピアノは専門業者にまかせる 捨てようと思ったときが処分時だから、捨てないとダメだ。子供のおけいこ事のために買ったピアノも、成長して興味を示さなくなったらただの粗大ゴミだ。しかし、大きすぎるだけに処分 …

no image

領収書を上手に整理する方法

・領収書を上手に整理する方法 財布のなかに入れたままとか、手帳にはさんでおいたりすると、なくしてしまったりうっかり請求しそこねたりする。出張のときは、帰ってから経費を精算するのに必要だから、もちろん領 …