雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

宇宙

アインシュタインの伝説が始まった時

投稿日:

光をある速さで追いかけても遅く見えない。そこで当時の物理学者は悩んでいた。ざっとまあ、当時の物理の状況はこういうものだった。そこにアインシュタインが登場するわけですが、アインシュタインが何を言ったかというと、要するにたわいもないこと。つまり、ニュートンの力学で基礎づけするのをやめたらいいだろう、という。

音速を超えるジェット機。音は空気の中を伝わるわけですが、エーテルを考えた人は音における空気と同じように光がエーテルの中を伝わると考えた。つまり、音と同じように光も追いかければ遅く見えるという理屈です。ところが、これが実験結果と矛盾していた。

同時刻の相対性を織り込んだ修正された相対性原理が電気、磁気の学問でも成り立つことをアインシュタインは証明してみせた。言ってみればそれだけのこと。べつに電気、磁気の学問をかえたわけでもなんでもなくて、ちょっがえただけ、ということです。

同時刻の相対性というものだった

やめればエーテルがどうのこうのと悩むこともなくなります。と言っても、ただやめたのではどうしようもありません。その代わり、ガリレオの相対性原理はそのままでは電気、磁気の学問で成り立っていなかったので、それを修正しなくてはならなかった。どのように修正したかというと、それが同時刻の相対性というものだったわけですね。

新しい相対論的な力学(修正されたニュートンの力学)も昔ながらのニュートンの力学も差はない。いっしょになるんです。ところが光の速さに近づくと差が出てくる。差が歴然としてくるんです。

それまで長い間けてきた大学者たちは、自分の考えと照らし合わせてアインシュタインの考えはなかなか受けいれられなかったのではないかと考えやすいんですが、そうでもなかったんですね。まるで、コロッとかわったんです。それほど明快であったということでしょう。そこでやはり不思議なのは、論文をパラッと見ればすぐその場でわかるような話を、なぜだれも気がつかなかったかということですね。これが謎です。また、そこがおもしろい点です。

-宇宙

執筆者:

関連記事

no image

ハレー彗星とは?

ハレー彗星の本体(中心核)は、長径一五km、短径八kmのいびつな形をした巨大な氷塊だった。ヨーロッパ宇宙機関の打ち上げた彗星探査機ジオットは、ハレー彗星の中心核に突入し、二〇〇〇枚もの写真を撮影、同時 …

no image

天と地の同質性を唱えたのは

他の銀河にある星も我々の銀河のものと同じだという前提を使って見かけの明るさから逆に距離を測定している。こうして、ついには百数十億光年の広がりをもつ空間が全体として膨張しているという発見にまでたどりつく …

no image

宇宙船火災の悲劇

アポロ1号の宇宙飛行士には、オリジナル・セブン、(アメリカ最初の七人の宇宙飛行土)の一人、バージル・グリソムと、ジェミニ4号で宇宙遊泳を行なったエドワード・ホワイト、それに新たに選ばれたロジャー・チャ …

no image

光の速さに近づくとどうなるのか?

変化が遅くなるという、その変化が起きる範囲というのは、その物体だけ。いろんな粒子が加速器で質量が一万倍にもなるほどできる。そこでは時間のたち方がものすごく遅い。それをもっと極端にしてやったら、時間は凍 …

no image

ビッグバンから太陽系の星の誕生まで

ビッグバンから太陽系の星の誕生まで。 陽子や中性子の直径は、クォークよりずっと大きくて、0・一ミリほどです。このころの宇宙の温度は一億度くらいだったと考えられています。ビッグ・バンから0・000000 …