雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

求愛戦略を区別、評価する心の仕組み

投稿日:

わたしたち人間のとびきり上等な精神的、肉体的能力が進化するとともに、求愛戦略を区別、評価する「心の仕組み」、いわば「性選択装置」が誕生したのではないかと考えた。そこから祖先たちは、求愛のシグナルを区別、記憶、判断する才能を進化させただけでなく、言語能力、砂に描かれた芸術的な絵、カリスマ的な雄弁術、高い倫理感など、芽生えはじめた人間の才能の多くを好む心を発展させていった。

人間の脳内で、披露する側の才能が進化するのなら、選ぶ側の脳内でもその才能を評価するメカニズムが同時に進化しなければおかしい。でなければ、数々の求愛シグナルを区別し、そのうちのどれかに惹きつけられ、特定の交配相手を選ぶことなどできないのだから。

ミラーは、才能を選ぶ側が、なにをもとに特定の求愛戦略を選んでいるのかについては、なんら具体的な説明はしていない。それは脳内にあるなにか「大きな快楽メーター」のようなもので、エンドルフィン(脳の天然鎮痛剤)がかかわっているらしい、と述べるにとどめている。

愛するものと床をともにするために

祖先が複雑な言語能力やその他の驚くべき才能を駆使して交配相手を勝ち取るようになったのは、いつ、どこで、どうしてなのか?チンパンジーは、愛するものと床をともにするために、詩を玲唱したり、ギターで音楽を奏でたりする必要はない。

人間の無数の特別な才能と、数あるなかからひとりの相手に強く惹きつけられるための脳内回路ー恋愛が進化するようになったきっかけは、なんだろうイギリスの詩人ドライデンの言葉を拝借すれば、なにもかも、「高貴なる野蛮人が森を駆けまわっていたころ」にはじまったのである。

選ぶ側が特定の相手を選び、熱心に追い求め、繁殖という名の賞品を得るために、求愛の時間とエネルギーを注ぐことができるようになった。快楽メーターこそが、恋愛を生みだす脳内回路ではないかと思う。おもに脳の尾状核とその他の報酬経路をめぐるドーパミン・ネットワークによって調整されている回路。太古の男女が数々の交配機会を重ね、選んでいるうちに、動物同士を惹きつける原始的な脳内回路が人間の恋愛へと進化していった。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

愛と憎悪と怒りをつなげる脳内リンク

愛と「憎悪と怒り」をつなげる脳内リンクこそが、ストーキングや殺人、自殺など、痴情がらみの犯罪が世界中でこれほどたくさん起きている原因を解明する鍵を握っているのかもしれない。愛着が破壊され、愛の衝動がく …

no image

交通事故の賠償金目当てで使う仮病

賠償金目当てで仮病を使っているのではないかと言う。しかし、彼はけっして意図的にそうしているわけではない。それがいわゆるヒステリーという病気の本態である。 加害者である会社の社長さんが彼を見舞い、心から …

no image

人は成長するにつれてその個我にこだわらなくなってくる

客観的事実として、人は成長するにつれて、その個我にこだわらなくなってくる。この他者・世界への開かれの過程こそが、狭い個人的自己をこえた、人間の共同存在性を完成させてくれるもの。すでに青年期の自覚から始 …

no image

尾状核が活性化される

科学者たちは、ビジネスマンたちも、長いあいだ頭を悩ませてきた。だがこの場合、その答えはィエスだった。調査アンケートへの回答と、脳内活動の特定パターンとの直接的なつながりを証明したのは、研究チームがはじ …

no image

新しい生活を割り切った気持ちで始めるつもりだった

私はA一と妻の前で変装を解いて、A郎の姿になり、C子に助けられながら、事のしだいと私の気持をすべて打ち明けた。そしてA一も自分も同じA郎なのだから、今のA一の家庭生活や社会生活はそのまま尊重してA郎を …