雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

愛とはたんなる幻想

投稿日:

恋をしているとき、わたしたちは自分をごまかしているようなもの。チョーサーは正しかった「恋は盲目」である。アメリカ人と日本人のアンケート回答者から、ピンクレンズ効果が浮き彫りになった。約六五パーセントの男性と五五パーセントの女性が、つぎの項目に同意しているのだその人にも欠点はあるが、たいして気にはならない。そして六四パーセントの男性と六一パーセントの女性が、「その人のすべてが好き」だと答えている。

愛とはたんなる幻想。人がベつの人間について勝手につくりあげた物語である。それが真実ではないことには、本人もとっくに気づいている。気づいているにきまっているーその幻想を壊してしまわないよう、つねに注意を怠らないくらいなのだから。

心理学者が「侵入的思考」とよぶ現象である。とにかく愛する人のことが、どうしても頭から離れなくなってしまう。侵入的思考の例は、世界の文学にごまんと見つけることができる。四世紀の中国のある詩人はこう書いている。「きみのことを考えずにいられようかー」八世紀、ある日本の詩人はこう嘆いた。

馬をゆっくり走らせているとき

「眠れぬまま長い夜を過ごしている秘めた恋に苦しむあまり」ヴォルフラム・フォン・エッツェンバッハによる中世の傑作パルチヴァールでは、その最たる例が描かれている。物語の主人公パルチヴァールは、馬をゆっくり走らせているとき、雪の上に三満の血痕が落ちているのを目にした。

「この切望が止むことはない」一二世紀フランスの打情詩人ジロー・ド・ボーネイユはこう詠んだ。「愛しすぎたゆえこの想いにひどく苦しめられる」ニュージーランドの先住民マオリ人のある男性は、苦悩する心をつぎのように表現している。

タカに襲われたマガモの血だ。彼の脳裏に、愛妻コンドヴィーラームールスの雪のように白い肌と深紅色のほおがふとよみがえった。パルチヴァールははっとその場に凍りつき、思いにふけったのだった。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

恋の情熱は目がまわるほどの感情の変化を生みだすことがある

恋の情熱は、目がまわるほど激しい感情の変化を生みだすことがある。を味わい、熱情が無視されたり拒まれたりすれば不安と絶望にさいなまれる。 スイスの作家へンリ・フレデリック・アミエルはこう書いている。「人 …

no image

視覚の恒常現象

私がAさんを五メートルの距離でみたときと、一〇メートルの距離でみたときは、網膜上のAさんの大きさは二分の一になってい。写真でみれば明らかです。ところが、私の目からは、まったく、同じ大きさに、むしろ二分 …

no image

恋人を喜ばせるためなら

愛する人をよろこばせるためなら、男も女も、新しい関心事や信念やライフスタイルをすんなり受け入れる。一二世紀の宮廷愛の達人アンドレアス・カペルラーヌスは、そうした衝動をつぎのようにまとめている。 あの人 …

no image

彼女の踊りを目にしたとき魂を奪われた

ナイジェリアのティヴ族のある男性は、ある女性のあまりの美しさに思わずこう叫んだ。「彼女の踊りを目にしたとき、魂を奪われた。彼女を追わずにはいられなかった」。新聞や雑誌に掲載される個人広告では、相手の条 …

no image

愛が時間とともに変わっていく

帯状回前皮質というのは、感情、注目、そして作業記憶が相互に作用している部位。幸福感と関係している部分もあれば、自分自身の感情に気づかせることや、社会的相互作用のなかで相手の感情を見積もる能力と関係して …