雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

保険

アフターサービスのことを保全と呼ぶが

投稿日:

アフター・サービスのことを「保全」と呼ぶのですが、「また、保全だよー・時間と金かかるだけじゃないか?もうやっていけないよ」「私は今、こんなことやっている場合じゃないんだよ面倒なことばっかり頼むだけで、全然、金にならない。本当困ったものだ」とこぼしながら、対応する者は珍しくありません。

「これも大切な経験だ」と、そんなふうに思えるのは、よほどできた人間か営業成績に余裕のある者くらいです。営業担当者の収入の大半は、新規の契約からのものです。したがって、退社した担当者の契約を振り当てられた新しい担当者は、陰口を言いながら対応することになります。

歩合給の営業担当者は、会社からは電話代も交通費も出ないのですから、ボランティアに近い感覚で「保全」に取り組むことになります。また上司にしても、把握しておきたいことは、各営業担当者の確定している売り上げと、見込んでいる売り上げだけです。それがいつ営業部の成績として計上されるか、ほとんど、それしか頭にないくらい追い込まれています。

保険や保険会社のファンを作るチャンス

それにしても、契約後の諸手続きの中でも保険金の支払い時というのは、もちろん、それなりの調査が必要な場合もあるかもしれませんが、保険や保険会社の「ファン」を作るチャンスでもあるはず。それなのに保険会社は、今日まで新規の契約という「入り口」での他社との競争だけを意識するばかりで、「出口」のサービスには消極的だった。あまりにももつたいない話です。現場の声がまったく届かない、風通しの悪さだけが目立つばかりです。保険会社は大きくなり過ぎたのかもしれません。

「ボランティア」に精を出していると、「いつまで保全やってるんだ早く契約とってこい!」と頭ごなしに叱られる。ごく普通に提供されるはずのアフター・サービスは、良心の痛みを感じることができる少数の営業担当者の自覚だけが頼み、というお寒い状況が延々と続いていた。

-保険

執筆者:

関連記事

no image

朝日生命の格付けの評価の推移は低い?能力は?倒産しないか?

朝日生命の格付けの評価は、BB(保険金支払い能力は当面問題ないが、将来まで確実であるとは言えない)という評価になっているが、朝日生命は、見るところ、3段階下のCC(保険金支払不能に陥る危険性がある)と …

no image

保険の乗り換えはよくない-自分の人生と安心を安売りしているに等しい

できれば節約したいが・・・乗り換えも良くない。 若いときは安い共済で済まし、ある年齢(何歳ぐらいを想定しているのか?)になったら、民間保険に乗り換えれば…という考えを持つ人もいるだろう。し …

no image

取入保障保険の特徴は保険金の支払われ方にある

取入保障保険の特徴は、保険金の支払われ方にあります。保険が機能する期間は33歳から60歳まで。したがって、その間にAさんに万が一のことがあった場合、60歳までの収入の代わりに、年間180万円の保険金が …

no image

20代の夫婦の場合の保険はどうすればいい?

夫婦で入ることができる保険に連生終身保険がありますが、いろいろ落とし穴もありますので、あまりおすすめできません。また、結婚したからといって、それぞれで、すでに加入している保険をひとつにまとめる必要もま …

no image

保険の広告に惑わされるな-非常に誤解を生みやすいものもある

保険料は1口の数字、保障内容は3口分の数字が示されるという、非常に誤解を生みやすいものもありますから、早とちりは禁物です。 通常、保障の内容は1日あたり〇〇円という表示をするのが一般的ですが、広告では …