雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

アフリカ象の愛情とビーバー

投稿日:

モスは著書のなかでこう書いている。「個人的には、ティアがなぜバッドブルを交尾の相手に選んだのか、よくわからない。しかしおそらく、彼女はわたしにはわからないなにかを彼のなかに見たのだろう」。これは愛なのだろうか?

一時的なのぼせあがりティアとバッドブおたがいのことしか見えていなかった。どちらも、強烈なエネルギーを発散していのゾウのように、定期的に食べたり眠ったりということすらしていなかった。

ティアが振り向き、彼によりそった。低いうなりのような音を長々と、くり返し発しながら、彼女は頭を彼の肩になすりつけた。それからの三日間、ティアとバッドブルは片時も離れることなく、交尾の合間にたがいにからだを軽く叩き、なでていた。

しかしティアの発情期が過ぎると、バッドブルはさかりのついたほかのメスをさがしてその場を去っていった。

ビーバーは小さな家族単位で生活する

ビーバーは小さな家族単位で生活する。夜になると、仕事をしたり、跳ねまわったりする夜行性の動物だ。子どものビーバーは約二年間親もとで暮らしたあと、春の夜に家を離れ、交尾の相手を見つけて自分たちの家庭を築きはじめる。スキッパーも同じだった。

ビーバーの恋愛生活は少し控えめだ。それでも、パートナーに求愛し、交尾する際には、激しい愛情を見せる。スキッパーはニューヨーク州立ハリマン公園のリリー池で、「監督官」とよばれる父親と、母親リリーのもとで生まれ育ったビーバーだ。

すぐに水がたまり、そこで昆虫が孵化し、カエルやレンジャクやキングバードを引きよせるようになった。魚が産卵し、腹を空かせたカイツプリにごちそうを提供した。ハンノキ、キショウブが水際に広がっていった。そしてスキッパーとローレルは身を落ち着けた。

月明かりに照らされた四月の夜、彼は妹のローレルと一緒に生家を離れたのだ。ビーバー社会では近般的なので、その晩、三匹のきょうだいビーバーは近くの谷に移動し、流れをせき止めて水たまりをつくりはじめたのだった。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

先入観なしに自分の存在を感じるとき

先入観なしに自分の存在を感じるとき、その自分をとらえるとらえ方は、すなわち自己知覚であります。花をみて「花だ」と知覚するように、自分をみて「自分だ」と知覚する。知覚についての、一番素朴な考え方は、自分 …

no image

自分のことで心がいっぱい

彼女は「もう一度自分とやっていこう」とバトラーに語りかけるのだが、そのときにスカーレットには、レット・バトラーがどんなに自分とアシュレーのことで傷ついているのか、あるいは怒っているのかについての思いや …

no image

催眠暗示によって前世の記憶をある程度たたき込めば

事態における生まれかわりが、私の連続であることが肯定できるとすれば、獲得性の資質や記憶について若干の違いができた場合も、本質的差異はないわけですし、さらに素質さえ、若干違ってもよいことになるでしょう。 …

no image

過食症になったきっかけは失恋だった

レストランでのデートのとき、会うたびにUさんのX君に対する感情は、だんだん険しく厳しいものになり、アルコールを飲む度合いも進んだ。実は、Uさんはこんなことが初めてではなかった。アルコールを飲むようにな …

no image

個人的社会的な記憶や役割のすべての引き継ぎ

私は、顔形の整形手術をし、しばらく休暇をとって、Bの個人的社会的な記憶や役割のすべての引き継ぎをしました。自己とは精神的私有財産の座であることを後にのべますが、まさにその財産の全面的引き継ぎを、あたか …