雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

アフリカ象の愛情とビーバー

投稿日:

モスは著書のなかでこう書いている。「個人的には、ティアがなぜバッドブルを交尾の相手に選んだのか、よくわからない。しかしおそらく、彼女はわたしにはわからないなにかを彼のなかに見たのだろう」。これは愛なのだろうか?

一時的なのぼせあがりティアとバッドブおたがいのことしか見えていなかった。どちらも、強烈なエネルギーを発散していのゾウのように、定期的に食べたり眠ったりということすらしていなかった。

ティアが振り向き、彼によりそった。低いうなりのような音を長々と、くり返し発しながら、彼女は頭を彼の肩になすりつけた。それからの三日間、ティアとバッドブルは片時も離れることなく、交尾の合間にたがいにからだを軽く叩き、なでていた。

しかしティアの発情期が過ぎると、バッドブルはさかりのついたほかのメスをさがしてその場を去っていった。

ビーバーは小さな家族単位で生活する

ビーバーは小さな家族単位で生活する。夜になると、仕事をしたり、跳ねまわったりする夜行性の動物だ。子どものビーバーは約二年間親もとで暮らしたあと、春の夜に家を離れ、交尾の相手を見つけて自分たちの家庭を築きはじめる。スキッパーも同じだった。

ビーバーの恋愛生活は少し控えめだ。それでも、パートナーに求愛し、交尾する際には、激しい愛情を見せる。スキッパーはニューヨーク州立ハリマン公園のリリー池で、「監督官」とよばれる父親と、母親リリーのもとで生まれ育ったビーバーだ。

すぐに水がたまり、そこで昆虫が孵化し、カエルやレンジャクやキングバードを引きよせるようになった。魚が産卵し、腹を空かせたカイツプリにごちそうを提供した。ハンノキ、キショウブが水際に広がっていった。そしてスキッパーとローレルは身を落ち着けた。

月明かりに照らされた四月の夜、彼は妹のローレルと一緒に生家を離れたのだ。ビーバー社会では近般的なので、その晩、三匹のきょうだいビーバーは近くの谷に移動し、流れをせき止めて水たまりをつくりはじめたのだった。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

脳の特定部位における血流

fMRI装置が撮影したのは、脳の特定部位における血流だけだ。しかし専門家ならどの神経が脳のどの部位に接続されているかを知っているので、脳の特定の部位が活性化すると同時に輝きはじめれば、活性化された脳内 …

no image

過去の裏切られた憎しみを叩きつけてしまった

私は過去の裏切られた憎しみを、今、C子に叩きつけてしまった。そんな復讐している実感とともに、もうこれでさっぱりして、ついにs男としてC子と結ばれる日が実現するのだという気がしてきた。私のいったことが客 …

no image

洗練されたカップルらしいシナリオを演じていく

恵比寿のガーデンプレイスができたころで、わざわざ田舎の両親を呼んでそこに泊まって、結婚前のお別れの一夜を過ごした。結婚式はマウイ島で挙げ、静かなハネムーンを楽しみ、帰国して、いかにもオシャレとみんなが …

no image

逆境であればあるほど恋愛感情は強まっていく

「愛は苦悩だらけの病気あらゆる治療を拒む枝をほとんど切られた植物を育てどこよりも不毛な土地を一生懸命耕そうとするなぜそうなるのだろう」一七世紀の詩人サミュエル・ダニエルが、恋愛の特色をみごとにいい当て …

no image

みんなで差別なく協力しようという集団主義の理念

新しい集団主義は、たんに常識的な個人のとらえ方を前提にして、その個が他の個と共同するとか、個の欲求や目的を集団の欲求や目的に奉仕させるとか、集団の幸福あってこそ個の幸福があるとか、いうようにだけ考えて …