雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

保険

アフラックのがん保険について

投稿日:

私はアフラックが出したメディカルチェックプラスというがん保険などは、正直言って好きになれません、とある専門家は語る。この商品と健康支援特約がついていないがん保険のBESTプランのパンフレットと比べてみましたが、BESTプランでは1日につき5000円だった通院特約が、メディカルチェックプラスでは1万円になっているために、2つのプランの差額を単純比較しても健康支援特約のコストは把握できません。

従来のがん保険に健康支援特約といって、契約から3年ごとに3万円の健康支援金が受け取れるおまけがついたものです。がん保険に付加された特約ですから、定期健診に役立てるための特約であるとされています。しかし、アフラックのこの商品に限らずお祝い金やボーナスと呼ばれる特約がついた商品全般に言えるのですが、まず、コストがわかりづらいのが気に入りません。この場合、3万円のためにお客様がいくら払うのかが、簡単にはわからないのです。

すべてに健康支援特約が付加されると

2005年度のがん保険の新契約件数は59万9000件です。そのすべてに健康支援特約が付加されると、1年間で59億6604万円、3年間、同じペースで契約が増えると、なんと180億円近く預り金が増えることになります。ネット銀行に100万円以上のお金を定期預金として3年寝かせると、1年ごとに1%くらいの利息がつきます。それでも2万9880円が0・4%増えて3万円になるのとはえらい違いです。

実際に3万円の健康支援金をもらうために、お客様がいくら保険料を払い込むことになるのか計算してみたところ、40歳の男性で月々830円、3年間で2万9880円でした。つまり3年間で0・4%の利息がつくことになります(年利ではなく、あくまで3年間トータルで0・4%です)。1万円から購入できる個人向け国債が、5年物で1%を超える利回りであることを思うと、わざわざアフラックにお金を拘束される必要があるのか疑問です、とある専門家は語っています。

-保険

執筆者:

関連記事

no image

欠点が多い更新型で抱き合わせのタイプの保険

第一生命のテンダーU、パスポートU、リードUは、それぞれ商品のペットネームは違っても、保障内容の中身はほぼ同じだ。何が違うかといえば、テンダーUは一五歳〜七〇歳、パスポートUは一五歳〜二九歳、リードU …

no image

保険下取りのメリットや利用にあたって留意しておきたい点

・古い契約を下取りしてもらう 何口にも分かれているのは、保険料の払込やなんかで面倒だし、これを保険会社で下取りして一件にまとめてくれないかな、というときに役立つのが契約の下取り制度です(正式には転換制 …

no image

日本人の平均寿命は昔に比べてはるかにのびている

昔に比べると、健康に寄与する医学が格段に発達し、栄養の点でも飽食といわれる現代では、平均寿命も男性79.59歳、女性86.44歳(平成21年度・簡易生命表)と、世界のトップをいく長寿国だ。ただ、食生活 …

no image

生命保険の社員配当金は現金で受取る方法もある

・生命保険の社員配当金を現金で受け取る 社員配当金の各種利用法は、保険会社や保険種類によっては、4種類のなかから選択が可能というわけではなく、このうちの三、あるいは二方法のなかからしか選べなかったり、 …

no image

100歳定期保険でも被保険者が50歳代になると実質返戻率が100%を割り込む

「50歳代の被保険者には逓増定期保険以外は節税にならず話を聞いてもらえない」と、法人実効税率の引き下げ、相次ぐ新タイプの逓増定期保険の発売の過程でよく言われたものです。しかし、支払可能な保険料が限られ …