雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

アフガニスタン攻撃が自分の言う条件を満たしているとする主張

投稿日:

アフガニスタンに関するエルシュタインの主張が、彼女自身の議論の枠組みの中できちんと通るかどうか検討してみよう。エルシュタインは正義の戦争に四つの基準を設けている。ここで彼女が挙げる唯一の例は、大量殺響が特定の日に始まるという確かな情報を国がもっており、被害者に自衛手段がない場合だ。

・戦争は他の嫡正手段や危機に瀕する価値基準を守るための手段を模索した上での最後の手段でなくてはならない。
・戦争は正しい意図で始めなければならない。
・戦争は公に宣言されるか、合法的な機関によって認められなければならない。
・武力行使が正当化されるのは無実の人民をある種の危害から守る時である。

アフガニスタン爆撃が自分の言う条件を満たしているとするエルシュタインの主張をどう判断するにせよ、これらの条件は、アメリカの国家支援国際テロの犠牲者の多くの方に遥かにびったり当てはまる。侵略者が公に戦争を宣言しても、正義の戦争などと主張はできない。また最悪の犯罪者でも正しい意図を主張するし、その主張を支持する者も必ずいる。エルシュタインの理論的枠組みは、彼女自身が設けた基準のもとで完全に崩れる。

そうした前提には言及せず

不合理の証明として、エルシュタインの主張は我々が普遍性という原則を採用することを前提としているが、歴史的哲学的な論考の中でそうした前提には言及せず、慣例に従い暗黙のうちに退けている。エルシュタインの主張に基づけば、こうした犠牲者は戦争を公に宣言し正しい意図を明言する限り、爆撃やテロという手段でアメリカに対して正義の戦争をしかける権利を与えられなければならない。

タリバンが引き渡しに応じようとしないことがトップニュースとなり、激しい怒りを播き立てていた頃、ハイチはエマニュエル・コンスタン引き渡し要求を再び始めた。アフガニスタン爆撃の公式の動機は、タリパンに圧力をかけて、9・11の犯罪への関与をアメリカが疑っている人々を引き渡させることだった。だが、アメリカはいかなる証拠の提供も拒んだ。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

世界の世論はブッシュ政権の戦争計画と好戦的な姿勢には反対だった

エリートの抱く危惧の念は、ブッシュ政権の急進的なナショナリストが世界の世論に与える影響にまで及ぶ。こうした事実は、間違いなく指導者への信頼が全体的に低下した要因だ。世界の世論はブッシュ政権の戦争計画と …

no image

アメリカはテロに対して予防的な立場で応じただけ

第一次対テロ戦争は二〇年前にレーガン政権が宣言したが、その現実はほとんど認識されていない。イェール大学の刊行物へのある寄稿者(チャールズ・ヒル)は、9・11によって第二次対テロ戦争が始まったと述べた。 …

no image

経済援助をソ連の政治的妥協と結び付けようとした

ルーズヴェルトは政策のすべての点でナイーブであったのではない。彼は経済援助をソ連の政治的妥協と結び付けようとしたし、原子爆弾の秘密をソ連と天有丁ることも担省した。戦争終結時にだれが東ヨーロッパに軍隊を …

no image

FBI上層部のメンバーがキューバを訪れキューバ側の捜査当局と会談

一九八九年、誕生したばかりの初代ブッシュ政権から、ボッシュは大統領による特赦を受けた。これはジェブ・ブッシュブッシュ二世の弟と南フロリダのキューバ系アメリカ人の指導者たちが盛んにロビー活動を行い、司法 …

no image

アメリカの政策のイデオロギー的根拠と根本的な前提

分析的な枠組みは今日も存続し、多大な苦しみと荒廃をもたらしている。その間ずっと、政策立案者たちは民主主義と自由を擁護する公式の姿勢と、アラン・トネルソンの言う、常に求めていたものを手に入れるために、ア …