雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

オデッセイの進化-多座席車のイメージとまったく違う走り

投稿日:2015年3月30日 更新日:

・ミニバンミドルクラス・オデッセイ

オデッセイは、それまでのワンボックスタイプの多座席車のイメージとまったく違う走りを見せ、販売台数を伸ばしました。ミニバンはホンダの初代オデッセイがパイオニアです。初代オデッセイはサイズは大きいものの乗りやすく、主婦が運転している姿もごく普通に見かけるようになりました。ワンボックス派生のミニバンは、とくに小柄な女性にはとっつきにくく運転には気を遣います。

トヨタがきめ細かなユーザーへの配慮など、総合的な商品力でアビールしているのに対し、オデッセイは走行性能の良さが魅力で、家族構成からクルマはミニバンが便利、しかし走りにもこだわりたいという人から人気を集めてきました。オデッセイ人気を見て、その後、トヨタは多種類のミニバンをデビューさせました。

驚かされたのは2世代目オデッセイです。床を低く設計したため、背が低くなったにもかかわらず、キャビンの高さも幅も広がっています。セダンと言ってもおかしくない姿、形です。走りも先代よりさらに熟成されたものになっています。ただし、3列目シートに、Lクラスミニバンのようなゆとりを求めるのは無理で、大柄な成人が長時間座るには厳しいスペースです。

車の買取査定を上げる色々なポイント

ミニバンのあり方を見直させるような

ミニバンのあり方を見直させるようなオデッセイの変身は、販売台数を見ても成功したことがわかります。オデッセイは、より走りにこだわり、全高の低いワゴン的なエクステリアになってデビューしてきました。平均的な体格の人であれば、2、3時間のドライブはさほど苦しくないでしょう。

今後、ホンダを最も強く意識しているトヨタが、ニューオデッセイに対してどういった種類のミニバンを出してくるのかこないのか、興味深いところです。初代オデッセイに対抗した他社のミニバンを、そのまま古い土俵に置き去りにし、まったく新しいジャンルを開拓しようとしたようにも見えます。空間がたっぶりあるミニバンが欲しいユーザーは、新開発のエリシオンに委ねようということでしょう。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

ポルシェSUV-マカンの発表

ポルシェは新しいSUVの名前を「マカン(Macan)」に定め、ドイツで生産に入った。マカンはインドネシア語で虎を意味し、ダイナミックで柔軟な魅力」という意味を内包している。ポルシェマーケティングセール …

no image

プリウスの燃費をさらに上げる実践的テクニック

プリウスはCO2を大幅にをカットする。CO2を大幅にをカットするということは燃える炭素の量を減らすということであり、それは消費するガソリンの量を減らすこととイコールなのだ。燃費は、カタログではかなり良 …

no image

中古車オークションで3分の2~半額で車を買う具体的な方法

普通中古車を購入する場合、中古車販売店で中古車を購入されると思いますが、実は中古車販売店よりも安い価格で中古車を購入できる方法があります。 それは、中古車オークションで中古車を買うという方法で、中古車 …

no image

i30-wagonがベールを脱いだ

現代自動車の新型i30ワゴン型モデルがベールを脱いだ。スイスで開催されたジュネーブ国際モーターショーで世界初公開された新車はi30のラインナップで二番目に公開される新型モデル。5ドアハッチバック構造と …

no image

海外の自動車メーカーは絶え間ないメンテナンスを必要とする

輸入車はその文化のおかげで、裏切られたり、不満を持ったりすることもある。その実例はこんな風に現れる。国産車では、消耗品を極力減らし、かつその寿命もなるべく長く、を目標に作られている。そのために、どんな …