雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

オデッセイの進化-多座席車のイメージとまったく違う走り

投稿日:2015年3月30日 更新日:

・ミニバンミドルクラス・オデッセイ

オデッセイは、それまでのワンボックスタイプの多座席車のイメージとまったく違う走りを見せ、販売台数を伸ばしました。ミニバンはホンダの初代オデッセイがパイオニアです。初代オデッセイはサイズは大きいものの乗りやすく、主婦が運転している姿もごく普通に見かけるようになりました。ワンボックス派生のミニバンは、とくに小柄な女性にはとっつきにくく運転には気を遣います。

トヨタがきめ細かなユーザーへの配慮など、総合的な商品力でアビールしているのに対し、オデッセイは走行性能の良さが魅力で、家族構成からクルマはミニバンが便利、しかし走りにもこだわりたいという人から人気を集めてきました。オデッセイ人気を見て、その後、トヨタは多種類のミニバンをデビューさせました。

驚かされたのは2世代目オデッセイです。床を低く設計したため、背が低くなったにもかかわらず、キャビンの高さも幅も広がっています。セダンと言ってもおかしくない姿、形です。走りも先代よりさらに熟成されたものになっています。ただし、3列目シートに、Lクラスミニバンのようなゆとりを求めるのは無理で、大柄な成人が長時間座るには厳しいスペースです。

車の買取査定を上げる色々なポイント

ミニバンのあり方を見直させるような

ミニバンのあり方を見直させるようなオデッセイの変身は、販売台数を見ても成功したことがわかります。オデッセイは、より走りにこだわり、全高の低いワゴン的なエクステリアになってデビューしてきました。平均的な体格の人であれば、2、3時間のドライブはさほど苦しくないでしょう。

今後、ホンダを最も強く意識しているトヨタが、ニューオデッセイに対してどういった種類のミニバンを出してくるのかこないのか、興味深いところです。初代オデッセイに対抗した他社のミニバンを、そのまま古い土俵に置き去りにし、まったく新しいジャンルを開拓しようとしたようにも見えます。空間がたっぶりあるミニバンが欲しいユーザーは、新開発のエリシオンに委ねようということでしょう。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

ホンダザッツの評価-発売直後から売れ行きが低迷

ホンダザッツは、発売直後から売れ行きが低迷し、生産コストの回収ができていないため、しばらく販売を続けていた。コストの帳尻合わせのために造っていたようだ。 ライフがフルモデルチェンジされて新型に切り替わ …

no image

輸入中古車店選び-昔と違い良心的な店が増えている

全国津々浦々にディーラーネットワークが張りめぐらされた国産車と違い、輸入車のメンテナンスができるところはそうは多くない。輸入車に限らず、中古車購入に当たっては、店選びはことによるとクルマ選び以上に大切 …

no image

車の先進国、欧米は日本にどんな意識を持っているのか

クルマの先進国、欧米のユーザーは、クルマに対してどんな意識を持っているのでしょうか。これは日本車がどのように受け取られてきたかを見ると、その一端がわかります。欧米とひと口に言っても欧州人と米国人はかな …

no image

自動車は試乗しないと分からないことが多い

一般ドライバーがちょっと走ってみただけでクルマの調子を判断することは難しい。新車の印象を知らないのだから、それがいいか悪いかもわからないことが多い。最近の国産新車はとれも品質性能ともによくなり、カタロ …

no image

トヨタのプラッツとヴィッツのレビュー

ヴィッツ/プラッツはトヨタが21世紀に向けて作る新世代小型車の第一弾で、従来のスターレッド、クーゼル/コルサ/カロよフHにとって代わるクルマである。トヨタのヴィッツは日本のみならず、ヨーロッパでも売ら …