雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

阿武隈の山々-眺めがよい富士を取り巻く面白い対象

投稿日:

阿武隈の山々は雪道ハイキングといった趣ですが、富士山の眺めがよい富士を取り巻く山々も冬のハイキングとして面白い対象です。陣場山だけでもよいですが笹尾根を南下したり高尾山から縦走したりいろいろなコースがとれます。高尾から奥多摩へかけての山々はだいたいの山から富士山が見えますが、私は陣場山から眺めるのが好きです。初心者から中級者まで楽しめるバラエティーに富んだ地域です。

頂上に茶店があり多くの登山者が登りますが、南側の登山道は電想柱が溶けると急で滑りやすくなります。富士山の南に位置する金時山も有名です。不動の湯という格安の温泉宿もあります。富士山が正面に密え、さえぎるものがありません。道志山塊の西の端に位置する約子山も好展望台です。これらのコースは特に危険な所はありませんが足まわりはしっかりしたいものです。もう少しステップアップしたい時は丹沢や奥多摩がよいでしょう。

東京に大雪を降らす南岸低気圧の時には大雪が降ることもあります。丹沢では西丹沢が静かで好きで、特に檜洞丸から見た富士が好きです。丹沢は太平洋に近いため冬型の気圧配置になっても天気が崩れにくいのです。丹沢の沢コースは冬には難しくなることもありますので初心者は尾根コースからトライしてみてください。

技術のない人はアイゼン等の道具で技術をカバー?

ある案内書に技術のない人はアイゼン等の道具で技術をカバーしてくださいと書かれていました。これは間違いではありませんが、いろいろな前提が省かれており誤解されやすい表現です。それ以上の山をアイゼンを用いて登るためにはやはり技術が必要です。省かれているのは森林限界以下の道形のはっきりした登山道で用いる場合ということです。

赤岩尾根を下山中の著名なガイドが、ストックを使用していたため滑落を止められず、死亡した事故がありました。そういう世界は訓練を経た上で臨むようにしましょう。そういう所で使用するアイゼンは八本爪以上を用い、必ずピッケルを併用してください。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

登山のパーティでのリーダーの役割

パーティーには、リーダーが必要ですが、一般的に15人を超えるパーティーでは、チーフリーダーとサブリーダーが必要です。30人を超えたら、パーティーは一つに分けた方が安心です。気心知れた仲良し4人組もあれ …

no image

アウトドアの上級技術を子供に教えよう

トレイルのビューポイントで立ち止まると、登ってきた距離や行く手のゴールがはっきり見えて満足感と同時に士気がみなぎる。一歩ごとに子どもの心は成長し、仲間との連帯感も生まれる。目標に向かって進み、手強そう …

no image

登山で足の疲労以外に気にしておきたい症状

登山で足の疲労以外に気にしておきたい症状。雨が降っていたら、雨が当たらないところまでは、何としても進まなくてはならない。雨具を出して、体の芯まで濡れることを防ぎ、休みながら、少しずつ歩くしかないのであ …

no image

ハイキングに他の子供のお友達を連れて行くのはよい効果がある

子どもの友達で、一緒に行きたい子がいれば誘ってみる。皆にとってよい体験になるはずだ。ワイワイやりながら子ども独自のペースを確立し、子どもの目で自然を楽しみ、お互いに影響し合う。兄弟のいる子でも、よその …

no image

坂道歩行時の傾斜が消費エネルギーに及ぼす影響

坂道での歩行における道の傾斜が、消費エネルギーに及ぼす影響は、たとえば傾斜が六度のときのエネルギー消費は、三度のときのエネルギー消費の二倍となる。これに速度の変化が加わると、さらに必要なエネルギーは増 …