雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

健康

アーユルヴェーダのピッタ改善

投稿日:

イライラしやすくなったらそれは、皮膚炎の注意信号です。ピッタ改善のケアをおこないましょう。からだもこころもヒートアップさせないよう気をつけます。アルコール、辛いもの、スパイシーなもの、油っこいものをひかえ、こころを熱くさせてしまう行動も避けます。

肝臓のピッタが上がる原因のひとつは食事。それが進行すると、皮膚にかゆみや炎症が出てくる。アルコール、辛いもの、スパイシーなもの、油っこいものを摂り過ぎると、ピッタを悪化させてしまいます。

アーマがたまっているとき、過度に日焼けをしたり火傷を負うと、それをキッ力ケに胃炎や胃潰瘍など、ピッタ系の病気を発症してしまうことがあります。これは日焼けなどで過剰なピッタが生じ、それが胃に付着しているアーマのところに集積して、熱性の病気を作ってしまうのです。

ゴマは、ピッタの質を強くもった食材

ゴマは、ピッタの質を強くもった食材です。そして、市販されている多くのゴマ油は、生のゴマを火で妙ってから圧擁した油なので、さらにピッタのエネルギーが加わっています。これをわたしたちが調理に使うとまたピッタを加えることになり、できた料理を食べると、胃腸というピッタの臓器を通じて摂取することになります。

ゴマにセサミン、セサモールなど、わたしたちの健康によい成分が含まれていることはよく知られています。有効成分を抽出したサプリメントも人気があって、ゴマにはとてもへルシーなイメージがありますね。でもゴマ油には、肝臓のピッタを乱す特徴的な性質があります。毎日とることはおススメできませんし、すでに皮膚炎のある人や炎症(とくに、結膜炎など目の病気)を起こしやすい人は避けたほうがいいでしょう。

からだに取り込まれたゴマ油は、肝臓のピッタを悪化させてしまうのです。ゴマ油は目の病気にもつながります。口のピッタを上げて、充血、結膜炎などの炎症性の病気、あるいはドライアイなど乾燥性の病気を引き起こすことがあるのです。

-健康

執筆者:

関連記事

no image

医師が薬を処方する場合と同等の効果があるとされる夏白菊

夏白菊に含まれている主要な抗片頭痛物質はパセノライドである。多くの専門家は、夏白菊の効果を期待するにはこの植物化学物質が比較的高濃度に含まれていなくてはならないと、いっている。 夏白菊の効果を調べた試 …

no image

ビタミンCとDが心筋症に効果があったというある症例

あるジョウイという女性は、心筋症をわずらい、医師からさじを投げられていた。しかし、ある大学大学院生が、ビタミンCとその他の栄養素が入った特別のタイプのビタミンとアミノ酸の調合物を試してみてはどうかと勧 …

no image

油抜きダイエットの危険性

油抜きダイエットは危険が伴います。油そのものはオージャスになりやすいので、油を避けていると、オージャスも減っていきます。たとえダイエット中の人であっても、適量をとるようにしましょう。そのとき、よい油を …

no image

脳のエネルギーが増加するといわれているあるエキス

いちょうの葉エキスは強力な抗酸化作用をもっている。その作用によって細胞を損傷から守り、脳細胞の機能不全を含むすべての全身的な崩壊の素因を減らす働きをする。研究ではいちょうの葉エキスには炎症を抑える働き …

no image

お腹を下しやすい人が回復した方法など

それほど身体が強いほうではなく、しょっちゅうお腹を下していて、高校は、「ゲリー」という不名誉なあだ名をつけられたぐらいです。いろいな病院でも診てもらったり、漢方薬を飲んだりしてもよくならない。 そのよ …