雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

健康

アーユルヴェーダ-ごま油の効能

投稿日:

ゴマ油を食用にすると目に悪影響がありますが、頭部や全身のマッサージ用オイルとして使うと、目の疲れや不調を改善してくれます。ゴマ油は食用としては使いません。とくに、目、皮膚、肝臓の病気がある人は、料理に使用しないようにしましょう。

ゴマ油は、アーユルヴェーダでは食用としては使いませんが、肌に塗ったり、うがいをしたり、温湿布にしたり、マッサージに使います。このとき使用するのは、生のゴマから非加熱製法で作られたゴマ油です。これはかなりいいです。

食用としてスーパーなどで売られているものですが、それに適切な加熱処理をして、からだへの効能や吸収されやすさを高めた油にします。それを胃腸というピッタの臓器を通さず、皮膚からからだに取り込みます。すると、からだのピッタを乱さず、ゴマの効能をぞんぶんに受け取ることができるのです。

どうしてもゴマ油を味わいたいときには

どうしてもゴマ油を味わいたいときには、量をひかえて香りづけ程度に使いましょう。マッサージで皮膚に塗られたゴマ油は、毛穴に集まっている毛細血管から吸収されて全身をめぐり、過剰なドーシャを溶かし出して、体表面や消化器官に運び、排出させます。たんなるマッサージとは異なって、体調を根本からととのえるとても効果の高いトリートメントです。

牛乳によってできたアーマは、皮膚に問題を起こしやすいので注意が必要です。牛乳は、ゴマ油とともに「皮膚病の原因になる二大食品」ともいわれているのです。牛乳を摂るときのポイントは「空腹時に」「温めて」「単独、もしくは甘いものといっしよに」飲む。食事のときに牛乳を飲むのは、おススメできません。

牛乳はとても栄養価が高く、オージャスにもなりやすい、すばらしい食材です。牛肉や豚肉はオージャスになるのに食べてから2〜3週間かかりますが、牛乳は30分〜1時間といわれています。でも、牛乳には正しい飲み方があって、それを守らないと牛乳のめぐみを最大限に受け取れないばかりか、アーマになってしまいます。

-健康

執筆者:

関連記事

no image

東洋医学よりも西洋医学を重視する現代の日本

昔から、かぜをひいて熱が出たときは、日本酒の熱欄に卵を入れて卵酒をこしらえたりしますね。ヨーロッパでも赤ワインを温めたり、ウイスキーのお湯割りにレモンを入れたりして飲んでいます。ということは、かぜのウ …

no image

タクリンよりもアルツハイマーに効果があるエキスの存在

ニューヨークの神経症精神病学者、ドクター・アイテイルは、軽度から中度の痴呆症と診断された記憶障害のある平均六七歳の男女を対象にして比較試験を行った。ヨーロッパで認可を求める申請の出ている数種の認識活性 …

no image

心律動異常を防ぐことが確かめられたオメガ3脂肪酸の効果

イギリスとフランスでは、心臓発作後の致命的な不整脈を抑える治療効果がオメガ3脂肪酸にあるかどうかを間接的に確かめる二つの研究が行われている。その研究の一っは一六〇〇名の患者を対象にしたもので、オメガ3 …

no image

男は二十五歳の朝まで伸びると言い伝えられていますが

ドイツ人が書いた本を理解するには、ドイツ人の食べ物を食べてみることも必要だ。だから、短絡的にいえば、僕はチーズを食べることが大事だったので、そうすることでより理解できるようになったのだという気がします …

no image

精神崩壊の症状の治療に成功しているあるエキス

記憶の障害を経験したすべての人は、記憶の喪失とおそらくは逆転不可能な痴呆への漸進的な精神の下落をくい止める方法として、いちょうの葉エキスの摂取を考えるべきだろう。ある研究では、脳全体を流れる血液の量を …