雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

保険

98歳定期保険など

投稿日:

保険会社によって、98歳定期保険・95歳定期保険を扱っていますが、90歳超であれば、100歳定期保険に比べても商品性に大きな違いはありません。中小企業オーナーにとっては、「勇退退職金の準備は従来の物ー映と比べものにならないほど良くなった」と実感できることでしょう。

コンサルティングのポイントは、10年定期保険(定期付終身の定期特約を含む)・70歳定期保険との機能差の比較にあります。この部分は、金融機関からの借り入れ返済原資としても活用できます。

100歳定期保険に加入した当初は、法人が収受する保険金額は死亡勇退退職金+適正金額よりも高額になることが想定されます。企業が成長する過程で、借入金をゼロにすることは難しいのが実状でしょう。なかなか難しいようです。

勇退退職金準備を主目的に提案しますが、勇退退職金は役員在職期間の経過とともに増加していきます。払込保険料の2分の1が損金処理できるという点も、中小企業の社長にとっては魅力があるようです。

100歳定期保険は保険料の2分の1

100歳定期保険は保険料の2分の1が「前払保険料」として資産に計上されます。勇退退職金の準備と借入金返済原資の確保といった提案では十分納得感のある提案となります。

100歳定期保険の優位性は十分理解できても、保険料の高さから加入をためらうケースもあります。この場合は、100歳定期保険に70歳定期保険等をセットして加入をお勧めします。

「無解約返戻金型定期保険」を活用するのも一つの方法でしよう。勇退退職金を主目的に提案する場合、社長(被保険者)が55歳を超える場合(生命保険会社・商品によって、この年齢には差異があります)では、税効果を考慮した実質返戻率が100%を超えません。

70歳定期保険はあくまでも「死亡保障を確保する掛け捨て保険」と機能を明確化させてご案内をします。言い換えれば、全額損金タイプの遍増定期保険で勇退退職金を準備しているケースを除けば、貸借対照表(B/S)上に「前払保険料」という勘定項目がなければ、生命保険で勇退退職金の準備をしていない可能性が高いことになります。

-保険

執筆者:

関連記事

no image

ご自分の生命保険の内容をよく分かっていますか?

生命保険とは、病気や事故、災害など万が一のことがあったときの備えです。実際に、その万が一のことが起こったときに役に立たなければ、まったく意味がありません。場合によっては、保険料だけをムダに捨てているこ …

no image

終身保険の必要性や簡易保険の重要性など

若い人はそれほど保障は必要ないから共済で十分という考えもありますが、これでは、将来、民間の生命保険で不足部分の保障を増やそうとしたとき、年齢に応じた高い保険料を支払うことになります。若いときに民間の終 …

no image

定期保険は一定期間の保障がある保険

「2つの保険の仕組みは同じだ」と断言するスタッフが実在する。出店数が増え、人員確保が急務であるためか、玉石混交ということになっている。従来の「訪問販売型」よりも優秀な担当者が揃っている、という根拠はど …

no image

勇退退職金に法人契約を現物支給した場合の経理処理保険契約上の全ての権利

勇退退職金に法人契約を現物支給した場合の経理処理保険契約上の全ての権利を被保険者である役員・従業員に譲渡することになるため、保険料積立金(100歳定期保険などの長期平準定期保険の場合は「前払保険料」) …

no image

変額終身保険は死亡時の保険金額は最低保証がされる

効率的な手段かどうかを見極めるためには、他の方法もあわせて考えることがとても大切です。たとえば変額終身保険。変額保険は運用実績によって保険金額が変動しますが、死亡時の保険金額は最低保証され、運用がうま …