雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

保険

90歳超定期保険の短期払いを提示する効果

投稿日:

一部の生命保険会社では、90歳超定期保険の保険料を65歳あるいは70歳で支払ってしまうことが可能。「勇退退職金の準備をしつつ死亡保障を確保する」という、銀行預金よりも幅広い機能が理解できた社長に対しては、90歳超定期保険の短期払いを提示する効果。

25歳の男性が100歳定期保険に65歳保険料払込で契約した場合、月払保険料は13万8,500円と、100歳払込に比べて2万5,000円のアップとなりますが、19年後の44歳時点で「単純解約返戻率」は100.3%、65歳時点では115.8%、70歳時点では122.4%にもなります。保険料は多少高くなりますが、解約返戻率はゆうに100%を超えてきます。これには注意が必要です。

短期払込の経理処理短期払込は、全期間の保険料を前倒しで支払うため、前払部分については、期間の経過に応じて損金の額に算入することになります。被保険者が中高年者であっても、解約返戻率のアップは期待できます。払込期間をいくつかシミュレーションしてみるとよいでしょう。経理上の保険料処理は保険期間按分となるため、短期払いの場合には、損金処理額が月払い保険料の2分の1にならない点(少なくなる)には注意が必要です。

中小企業に強い代理店は

中小企業に強い代理店は、「10年払込100歳定期保険」を積極的に販売しています。損金算入金額=年払保険料×払込回数12(当該事業年度に係る保険期間:月数)(保險期間滿了年齡一契約年齡)×12(保險期間:月數)。

短期払いについては「短期の前払い費用」にはあてはまりません。従って、決算年度分の保険料のみが損金算入となります。算入金額は下記の計算式を使用します。払込保険料のほとんどが資産計上されますが、10年払込の終身保険よりも保険料は安く、高い解約返戻率が得られる点が評価されているようです。

ペイオフで1,000万円以上の預金は保護されないことを、中小企業の社長は承知しています。同じ積立なら、安全で大きな保障も得られる生命保険会社でとなるのもうなずけます。

-保険

執筆者:

関連記事

no image

あなたの保険証券を見せてください

「これ、私にくれたパンフレットの保険とは、全然違うじゃないですか?あなたは××生命の「自分たちは全然入っていないの」。数年前、日本生命のセールスの女性が、職場の上司たちが入っている保険について教えてく …

no image

生命保険の基本を誰でも分かるように説明

保険は思っているほど難しいものではありません。重要なポイントだけ押さえれば、ほとんどのことがわかります。 保険の基本を理解しておけば、簡単に自分の保障プランを作ることができます。保険選びのポイントさえ …

no image

平準保険料や自然保険料など

保険料を損金処理したにもかかわらず、解約返戻金が相当額発生するのは経理処理上問題があることから、長期平準定期保険ならびに、遍増定期保険については、別途経理処理に関する規程が設けられました。 契約の前半 …

no image

保険の選び方でチェックしておきたい3つの重要ポイント

初めて保険に加入する場合にチェックしたいポイントをご紹介します。 チェックしたいポイント ●これだけチェックポイント トータルで払い込んだお金から解約返戻金を引けば、掛け捨て額がわかります。それが多す …

no image

保険会社の海外投資スタンスは変化している

金利、為替動向を含めた国際経済の動きにあわせて保険会社の海外投資スタンスは変化しています。企業などへの貸付金については、かつては運用先のメインであり、昭和五十年頃は全資金の七〇%近くが運用されていまし …