雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

9・11の後、アメリカを包んだ世界各国からの同情の波

投稿日:

イラク侵攻が始まった時、著名な歴史学者でケネディ大統領の顧問だったアーサー・シュレジンジャーはこう書いた。大統領は先行防衛を採用したが、これは帝国主義の日本が真珠湾で用いた政策と恐ろしく似通っている。かつての米国大統領の言葉通り汚名のうちに生きる日となったあの日の政策と。予防戦争は、戦争犯罪の範疇に含まれる。その時機がまさに到来したのなら、世界は深刻な事態になる。先制攻撃の正当化は、それが何であれ、予防戦争には当てはまらない。

何しろ、現在その概念を熱心に推進する人々の解釈では、予防戦争とは、想像上あるいはでっち上げの脅威を排除するために軍事力を行使することであり、予防という用語すら寛大すぎるからだ。弱小国は正気を失わない限り、そんな権利は行使できないが、キューバやニカラグアを始めとする多くの国々は、アメリカに攻撃されていた長い年月の間、同じ権利を行使できたはずだ。

アメリカを包んだ世界各国からの同情の波

9・11の後、アメリカを包んだ世界各国からの同情の波は、アメリカの倣慢さと軍国主義に対する世界的な憎悪の波に取って代わられ、友好国の国民ですらブッシュがサダム・フセイン以上に平和を脅かしていると見ていた。フランクリン・D・ローヴェルトは正しかったが、今日では汚名のうちに生きるのは、我々アメリカ人の方になったシュレジンジャーは更にこう述べている。

力による支配を、法による支配のもとに押えこもうとする壮大な試みは、歴史のゴミ箱に投げ捨てるべきなのだ。
国際法の枠組み全体が戯言にすぎない、と法学者のマイケル・グレノンは書いている。この戦略を擁護する人の中には、国際法を踏証じっていると認識しながら、別問題はないと考える人もいる。国際法の専門家リチャード・フォークによれば、イラク戦争は平和に対する犯罪であり、生き残ったドイツの指導者がニュルンベルク裁判で起訴され、求刑され、処罰されたのと同様の犯罪であることは否定できないという。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

ハヴェルも演説を聴いていた議員たちも間違いなく知っていた

レーガンと初代ブッシュによる陰惨な恐怖時代の幕開けは、彼らが就任する少し前に、エルサルヴァドルで声なき人々の声となっていた保守派の大司教が暗殺された事件に象徴された。この時代の終わりには、エルサルヴァ …

no image

国際法の新たな規範を築くのに必要な三つの要因の全てが出揃っていた

二〇〇二年九月に、国際法の新たな規範を築くのに必要な三つの要因の全てが出揃っていた。双方の軍事力には歴然とした格差があったので圧勝は間違いなかった。事態がうまく運ばない可能性は常にあった。しかし、少な …

no image

ムッソリーニとファシズムかジオリッティと社会主義か

ムッソリーニとファシズムか、ジオリッティと社会主義か。イタリアは明白な選択を迫られている、と彼は国務省宛に書いた。ジオリッテイはイタリアのリべラリズムの指導的人物だった。ファシズムへの支持は直ちに表明 …

no image

東ティモールから撤退したインドネシア軍

コロンビアがトルコに代わってアメリカによる軍事支援の最大受益国になり始めた頃、別の所でも恐ろしい事態が展開されていた。それは米国政府ならすぐさま容易に終結させられる事態だった。東ティモールである。一九 …

no image

モスタルでの戦闘の間に

モスタルでの戦闘の間に、ボスニアのクロアチア軍司令官に、路上の人々は外見上区別がつかないのに、攻撃対象をどう識別しているのか、と尋ねたことがある。戦争の前には名前を知らねば識別できなかったが、今では制 …