雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

6速MTや5速ATが必ずしもいいとは限らない

投稿日:2014年10月29日 更新日:

近ごろでは5速AT・オートマチック・トランスミッション、6速MT・マニュアル・トランスミッションなどというスポーツカーや高級車も登場している。いままで5速MT、4速ATだったものが、より細かく分割されるようになっただけのことだ。

5速ATの場合は燃費がよくなるというメリットもあるが、そのぶん車両が重く、価格も上積みされている。また、6速MTではギアチェンジの回数が増えるので、運転しづらくなるということにもなる。数字が多いからなんだか速く走れそうな気もするが、ベつに最高速度が変わったわけではない。

FFとFRはどっちがいい?

車を買うなら、目的に合わせて駆動方式を選ぼう。たとえばFFの場合は、エンジンがボンネットにあって、前のタイヤが駆動しているし、FRの場合は、エンジン位置はFFと同じだが、駆動はうしろのタイヤだ。一般的なのはFFとFRで、大衆車には、すべてFFが多く、滑りにくいので、家族サービス用や街中を走るのには最適。

FRの場合は、ドリフトが決めやすいので、スポーツドライピングを楽しみたいなら、FRの車を選ぶといいだろう。走っている車を見ると、どの車も同じようにタイヤが回っているように見えるが、その駆動方式は車によってちがう。他にも、四つのタイヤが全部駆動する4WDや、MR、さらにポルシェなどのRRもある。

車の買取査定を上げる色々なポイント

4WSの有利など

4WSとは、前輪だけでなく、後輪も操舵するしくみのこと。旋回時にふつうの車がハンドル操作で前輪だけを動かして、後輪に別の動きをさせられることにある。高速でのレーン変更などがスムーズにできるため、自分の運転技術があがったような錯覚を起こさせるだけに、部蹴と慎重さが必要でもある。

ふつうの車に慣れた人がハンドル操作をいつものように行なうおと、曲がりすぎて車体の左右や後端を、壁などでこすってしまうことだ。小回りのよさが利点となるが、気をつけなければならない点もある。ということは、路地の奥にある自宅の、狭い車庫入れのときなど、小回りがきいてありがたいわけだ。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

車のフロントガラスの細かな傷に注意

傷を見つけたら、店員に修理を依頼しょう。この場合は、たいてい無償で修理してくれる。買いたい中古車が決まり、修復歴や塗装、タイヤなど、さまざまな点まで調べたら、次はフロントガラスをチェックしよう。 こう …

no image

自動車保険の年齢区分か正しいか契約時にチェックしておく

保険の代理店も兼ねている営業マンにとっては、客が保険をいくらかけたかでマージンがちがうのだから、教えてくれない人がいてもおかしくない。営業マンがすすめてくれるのだから、自分にとっていちばんいいもののは …

no image

タイヤのユニフォーミティが問題になってくる根元

タイヤを成形するとき加硫のため加熱しますが、その過程でタイヤの変形もでてきます。これらが、タイヤのユニフォーミティが問題になってくる第一の根元といっていいでしょう。アンバランスとは重量(質量)のユニフ …

no image

タクシー運転手の危険な運転-勝手な振る舞いが目立つ

世の中には、危ない運転をするドライバーは非常に多い。まさか、という行動をとるドライバー。ウインカーを出さずに曲がる人などの危ない運転者と通じるものがあるが、もっとも多いのはタクシーだ。 一般の車両がち …

no image

中古車オークションで3分の2~半額で車を買う具体的な方法

普通中古車を購入する場合、中古車販売店で中古車を購入されると思いますが、実は中古車販売店よりも安い価格で中古車を購入できる方法があります。 それは、中古車オークションで中古車を買うという方法で、中古車 …