雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

なかなか見つからない60歳以上OKの医師求人が見つける方法

投稿日:2016年8月19日 更新日:

昔は、定年といえば60歳でしたが、今は、60歳以上の方でも仕事をしたいと思う方は多くいらっしゃいます。定年が65歳に引き上げられたということもありますが、昔よりも高齢者が元気なので、60歳以上でも、現役バリバリで働ける人が増えています。

これは医師も同じで、60歳を超えてもまだまだ現場で働きたいと思う先生は多くいらっしゃいます。しかし、60歳を超えて転職を考えるとなると、なかなか難しくなります。求人誌などで60歳以上可能の求人を探しても、ほとんど見つかることはないと思います。

もしも60歳以上の医師求人を見つけたいと思うのであれば、40代50代60代の医師転職ドットコムというサービスを利用するといいと思います。

40代50代60代の医師転職ドットコムは、その名の通り、40代50代60代の医師求人を専門に取り扱っていて、60歳以上の求人も見つけることができます。

60歳以上の求人を探す

40代50代60代の医師転職ドットコムでは、一般に公開されていない非公開求人を紹介してもらえます。ネットなどで一般に公開されている求人は、ごく一部の求人だけです。非公開求人を見ることができれば、一般の求人を見るよりも、かなり多い求人を見ることができます。

なかなか見つかりにくい60歳以上の求人であっても、非公開求人を取り扱っている40代50代60代の医師転職ドットコムであれば、見つけることができます。日本全国4万件近くの求人を保有していて、その大量の求人の中には、60歳以上の求人もたくさんあります。

現在、定年退職した医師を採用している病院が増えてきているようです。いくら60歳以上とはいえ、これまでの経験値は若手よりもはるかに高く、即戦力として働いてもらえるので、貴重な存在だと言えます。医師不足の現状などもあり、60歳以上の求人は増えつつありますので、60歳以上の先生でも、しっかりと求人を探すことができるでしょう。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

病院の受付に行く前に案内所を利用すると迷いません

たいていの病院が初めはそこそこの大きさの建物でした。ところが、外科から整形外科が独立し、麻酔科も独立しました。そんなわけで、専門の科の数がふえてややこしくなりました。さらに形成外科もできました。大学病 …

no image

アレルギー性紫斑病は治らない?再発するの?安静期間は?

アレルギー性紫斑病(IgA血管炎)は、血管性紫斑病のひとつで、何かの要因でアレルギー反応を起こして紫斑(紫色の斑紋)が出る病気です。 はっきりとした原因は分かっていない病気ですが、ウイルス感染症により …

no image

医者になり仕事を探すときに役立つ求人サービス

医学部を卒業し、これから医者になる先生の卵たちは、色々な病院へ勤務することになります。研修を経て、独り立ちしていきますが、今の病院に不満があり、転職を考える先生もいるのではないかと思います。 若いうち …

no image

病院教授の絶対的な権力と力-人事権はある意味では切り札

教授は医局の人事権というものをちらっかせながら、医局を統括していく。その結果、日本の医学部は衰退してきたといわれている。医局のなかの代議委員会のような組織で、合議制で人事を決定できるようでないと、何か …

no image

いい医者ばかりではなく中には自信がない人も多い

ときどき耳にする医者のとりあえず、という言葉。自信のない医者は診断の際に不安だと「とりあえず」という言葉を使うようです。肺炎が疑われるときにはレントゲンを撮ることもあります。 風邪ならば、薬を出して安 …