雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アフィリエイト

アフィリエイトの特定商取引法に基づく表記をしておく必要や書き方

投稿日:2014年2月17日 更新日:

情報商材を自分で作って販売する場合、特定商取引法に基づく
表記をしておく必要があります。特定商取引法に基づく表記とは、インターネット上で、販売を行
う際に、法律で義務つけられている表記で、情報商材や商品な
ど、自分で販売を行う際に表記が必要になります。
また、自分のホームページに特定商取引法に基づく表記をした
ほうがいい理由として、ただでさえ怪しいイメージのある情報商
材ですので、販売者がどこの誰なのかという情報を開示してお
いたほうが、ユーザーの信頼を得る意味で、良いことだと思いま
す。

特定商取引法に基づく表記が必要な項目

インターネット上で、自分の作った情報商材を販売するために、
特定商取引法に基づく表記が必要ですが、その表記する項目
には、情報商材を販売する販売者の氏名、販売者につながる
電話番号、販売者の住所、返品可能の有無、情報商材を送る
時期、商材代金の支払いを行う時期や、情報商材の代金の支
払い方法、送料(ダウンロード版情報商材は、送料なしになり
ます)、情報商材の販売価格を、すべて表示する必要がありま
す。
これらの表記があるのとないのとでは、その情報商材に対する
信用度が大きく変わりますので、必ず表記をするようにしましょ
う。
表記をする際には、ホームページの1ページ目(トップぺージ)に
に表記をするようにして、訪問者全員が見れるようにしておくこと
が大事です。

通常のアフィリエイトに挑戦

もしも、個人情報の提示をするのが無理な方は、自分で情報商材
を作って販売することはできませんので、通常のアフィリエイトに挑
戦したほうがいいでしょう(自分で商品を作って販売したり、ネット
ショップなどを運営していない限り、特定商取引法に基づく表記を
する必要はないですので(間接的な販売の場合))。

当サイトでやっているようなアフィリエイトであれば、間接的なサー
ビス提供ですし、自分で情報商材を作って販売を行うよりも、だいぶ
利益は下がりますが、そこそこは稼げるはずです。

アフィリエイトはポイントサイトで稼いでいきましょう。私が一番稼げているのはポイントサイトを使ったアフィリエイトで、げん玉というポイントサイトで稼ぐのがおすすめです。

-アフィリエイト

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ネットショップ型アフィリエイトとは?

現在、日本では30万人を超すアフィリエイトが活躍していると言われています。ショップ型アフィリエイトサイトは、商品リンクを多用し、店舗やサイトという単位ではなく、商品レベルでの紹介を行うアフィリエイトで …

no image

文字を大きくするタグの使い方

文字を大きくレイアウトしたいからと言って、その文字列をh1タグで囲むのは間違っています。本来文字の大きさなどの「見た目」はfontタグか、CSSなどで定義されるものです。タイトルを画像ファイルにして、 …

no image

アフィリエイトでお金が稼げる額は?

アフィリエイトで稼げる額はいったいどのくらいなのでしょうか? アフィリエイトの月5千円以上の壁 アフィリエイトで稼げる額は、人によって様々ですので、アフィリ エイトでどのくらい稼げるかは、その人次第な …

no image

Stores.jpで無料でネットショップを開業できます

Stores.jp(ストアーズ・ドット・ジェーピー)で、無料でネットショップ を開業できます。 Stores.jp(ストアーズ・ドット・ジェーピー)は、2012年に参入して きたネットショップ運営サポ …

no image

PPCアフィリエイトで報酬を得る2つの仕組み

PPCアフィリエイトで、報酬を得る仕組みを作りましょう。PPCアフィリエイトでは、月に200万円以上稼ぐアフィリエイター が出てきたり、月10万程度なら簡単に稼ぎ出せていた時代があ りました(現在は、 …