雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

新型3シリーズのガソリンモデル320iと328iを新たに発売

投稿日:

BMWコリアは、新型3シリーズのガソリンモデル320iと328iを新たに発売してラインアップの強化に乗り出した。新車はBMWツインパワーターボ技術が適用された直列4気筒ガソリンエンジンを搭載しており、320i基本形をはじめ、モダン、豪華、スポーツモデルと高性能モデルの328iなど計5つのラインナップで構成された。

320iに搭載された1997ccのガソリンエンジンは、最高出力184馬力、最大トルク27.6kg.mの力を発揮し、最高速度235km / h、燃費12.8km /ℓで、従来モデル比最高出力28馬力、最大トルク7.2kg.m、最高速度17km / h、燃費1.6 km /ℓが向上した。328iのエンジンは245馬力、最大トルク35.7kg.mの力を発揮、最高速度は250km / hに達する。

ガソリンモデルに搭載されたエンジンは

特に今回披露ガソリンモデルに搭載されたエンジンは、「2012年インターナショナル·エンジン·オブ·ザ·イヤー·アワード(International Engine of the Year Award)」で最高のエンジンに選定(1.8リットル-2リットル部門)され、その優秀性を立証された。新車は全ラインナップにオートスタート-ストップ機能、ステプトゥロニク自動8段変速機、エコプロ/コンフォート/スポーツなど、計3つのモードの選択が可能なドライビング·エクスペリエンスコントロールを備えている。

また、ブレーキエネルギー再生、電動パワーステアリングホイール、インテリジェントな軽量構造と抵抗を減らしたランフラットタイヤなどの技術が反映された。BMWコリアキム·ヒョジュン社長は「今回発売したガソリンモデルは、性能と安全性の両方を備えたニュー3シリーズを購入しようとする消費者のために選択の範囲を広げた」とし「BMWは、このクラスで、価格と性能で圧倒的な新車の発売を介して販売をさらに拡大していく予定である」と述べた。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

視認性は運転においてかなり大事な要素

・運転時の視認性について 視認性では後方視界も肝心です。運転席に座り、ルームミラーから後方がどのくらい確認できるか、サイドミラーの見え方はどうかなど、しっかりとチェックしてください。 ポールを立てて走 …

no image

車はオーナーが変わるといきなり壊れることがある

展示場で慎重に吟味し、試乗もして、万全を期して購入したクルマでも、扱い方が変わればトラブルの出る可能性はある。それを知っておかないと、買ってすぐのトラブルでガッカリするばかりか、購入した店への信頼感も …

no image

ダンパーの減衰力のセッティングなど

良路では乗り心地をよくするために設定されたダンパーの減衰力程度が、振動をおさえるのにもちょうどいいダンピングです。でも悪路では、若干ダンピング不足になってバネ下の振動を感じるようになります。もちろん減 …

no image

ブルーモーションテクノロジーが適用されたトゥアレグV6

フォルクスワーゲンコリア(社長パク·ドンフン)は、性能とスタイルを一層アップグレードさせた新型トゥアレグを国内に発売した。今回発売された新型トゥアレグは、ブルーモーションテクノロジー(BlueMoti …

no image

ターボ車は燃費が悪く不経済なだけで利点が少ない

ごくふつうに車を楽しんだり、利用したりするなら、ふつうの自然吸気エンジンでじゅうぶんだ。車を買うならターボがいいね、などと考えている人がいるかもしれないが、あなたにとって、はたしてターボは必要だろうか …