雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

新型3シリーズのガソリンモデル320iと328iを新たに発売

投稿日:

BMWコリアは、新型3シリーズのガソリンモデル320iと328iを新たに発売してラインアップの強化に乗り出した。新車はBMWツインパワーターボ技術が適用された直列4気筒ガソリンエンジンを搭載しており、320i基本形をはじめ、モダン、豪華、スポーツモデルと高性能モデルの328iなど計5つのラインナップで構成された。

320iに搭載された1997ccのガソリンエンジンは、最高出力184馬力、最大トルク27.6kg.mの力を発揮し、最高速度235km / h、燃費12.8km /ℓで、従来モデル比最高出力28馬力、最大トルク7.2kg.m、最高速度17km / h、燃費1.6 km /ℓが向上した。328iのエンジンは245馬力、最大トルク35.7kg.mの力を発揮、最高速度は250km / hに達する。

ガソリンモデルに搭載されたエンジンは

特に今回披露ガソリンモデルに搭載されたエンジンは、「2012年インターナショナル·エンジン·オブ·ザ·イヤー·アワード(International Engine of the Year Award)」で最高のエンジンに選定(1.8リットル-2リットル部門)され、その優秀性を立証された。新車は全ラインナップにオートスタート-ストップ機能、ステプトゥロニク自動8段変速機、エコプロ/コンフォート/スポーツなど、計3つのモードの選択が可能なドライビング·エクスペリエンスコントロールを備えている。

また、ブレーキエネルギー再生、電動パワーステアリングホイール、インテリジェントな軽量構造と抵抗を減らしたランフラットタイヤなどの技術が反映された。BMWコリアキム·ヒョジュン社長は「今回発売したガソリンモデルは、性能と安全性の両方を備えたニュー3シリーズを購入しようとする消費者のために選択の範囲を広げた」とし「BMWは、このクラスで、価格と性能で圧倒的な新車の発売を介して販売をさらに拡大していく予定である」と述べた。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

現代自動車とポスコICTがエコカー充電インフラの本格構築のため手を握る

現代自動車とポスコICTがプラグインハイブリッド車と電気自動車などのエコカー充電インフラの本格構築のために手を握った。現代車は去る26日、ポスコICTと環境車共用の充電インフラの構築に関する業務協約( …

no image

車の防錆のレベルは格段に上がった

車が完成したのちに防錆を行うのは大変な作業でしたので、今日ではそれらをすべて日本の工場の塗装ライン上で行うようになり、カチオン塗装(陽極電着塗装)をはじめ、床まわりのPCV(ポリ・ビニール・クロライド …

no image

日本の道路で乗りやすいクルマはどんなものか?

日本の道路で乗りやすいクルマはどんなものか簡単に見ておきましょう。日本の道路で乗りやすいクルマいえば、やはりサイズです。 小型車の場合は車幅が1・7m以下と決められ、実際は1・695mのものが大半です …

no image

スズキアルトの評価-軽自動車の販売ナンバーワンを争っていた

今でも堅実な需要に支えられている、ワゴンRやムーヴといったハイルーフモデルが売れ筋になる前、ミラと並んで軽自動車の販売ナンバーワンを争っていたのがアルト。 運転のしやすさと価格の安さに特化され、質感の …

no image

車の値引き率がたとえよくてもローンは避けたほうがいい

昔は、ローンを組むと、車の所有者がディーラーになるため、車体に大きなトラブルなどが発生したときに、よりたしかな補償が受けられた。けれども、いまはそういうメリットも少ないので、ローンは結局損なのだ。 現 …